このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

歌手May'nさんが語る、美しいイヤホン「Adonis」

2020年12月06日 12時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 QoAの新イヤホン「Adonis」は、木材をCNCで削り出したシェルに、カスタムイヤホンで用いられるレジン製のフェイスプレートを付けた独特の工法で作られたイヤホンだ。命名の由来はギリシャ神話でアフロディーテが恋に落ちたとされる美青年で、直径1kmほどの地球近傍小惑星のひとつでもある。

 同名のカクテルもある。QoAは製品名にカクテルの名称を採用しており、直接の由来はそこにあるようだ。

 木材もレジンも、イヤホンではよく用いられる素材だが、木材をベースとしながら、デザイン面でのアクセントとしてレジンを組み合わせる例はあまりない。ブルーを基調としたカラーは、木製シェルの特徴を生かし、木目の風合いを生かした塗装が施されている。ワンポイントでグリッター(ラメ)をあしらい、アクセサリー感覚で楽しめる点も魅力だ。

 バランスド・アーマチュア型ドライバー2基にダイナミック型ドライバーを組み合わせたハイブリッド構成で、8芯で太目の5N無酸素銅ケーブル(OCC)を採用するなど、音質にもこだわった作りになっている。

アンバサダーにはMay'nさんが就任

 そして、このAdonisのアンバサダーには、歌手のMay'nさんが就任。複数のサンプルから好ましい音を選んでもらったり、デザインについての意見も反映したりしながら、最終製品が完成したという。

 Adonisの予約はすでに始まっており、大手量販店・ヘッドホン専門店などで購入できる(実売価格2万円強)。Adonisの公式サイトなどで写真を見るとその美しさが実感できるのではないだろうか?

 QoAはQueen of Audioの略。このあたりは、QoAでAdonisの開発に加わった女性2名の感性が大いに発揮されたところだと思う。

 編集部では発表に先立ち、May'nさんのコメントを聴くことができた。Adonisは、青を基調にしつつも、裏側にオレンジやピンクも重ね、色合いの変化を楽しめるもの。May'nさんは15周年を記念して、それぞれの彩りが異なる15通りの楽曲を収めたミニアルバムをリリースしたばかりということで、その情報を踏まえつつ、Adonisについて聞いた。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン