• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

『セレステ』や『Dead Cells』に影響を受けた作品

ローグライクアクション『スカージブリンガー』の日本語版が12月3日にSwitchで発売決定

2020年11月25日 16時00分更新

文● Zenon/ASCII

 イントラゲームズは11月25日、Plug In Digitalと協力し、極限の迷宮に挑戦するローグライク「スカージブリンガー(ScourgeBringer)」日本語版を、Nintendo Switchにて2020年12月3日より配信すると発表した。

■日本語版トレーラー

以下、リリースより。

 『スカージブリンガー』は、失った記憶を取り戻すために旅立つキラの物語である。キラに立ちふさがる古代兵器を倒し、未知の世界を探検しながら人類を救うためにキラは戦い続ける。

 多様にアップグレードをしながら、与えられた状況や自分のプレイスタイルに合わせてキラを成長させ、特性ある敵からの攻撃を、回避したり反撃するなどして、近距離と遠距離の攻撃を適切に活用しなければならない。限られたHPを維持しながら、ゲームを進めていくことがカギとなる。

 緻密にデザインされたピクセルアートと、美しい色彩で作られた世界、直感的なUI、オリジナリティーあふれる敵の攻撃方法など、緊張感とスリル満載な『スカージブリンガー』は、Nintendo Switchより2020年12月3日から正式に日本語版の配信が決定した。

 

【ゲーム情報】

タイトル:スカージブリンガー(ScourgeBringer)
発売予定日:2020年12月3日
プラットフォーム:Nintendo Switch
CERO:B(12歳以上対象)
プレイ人数:1人
価格:未定
ジャンル:ローグライク

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう