このページの本文へ

科学・生物で気になることをお届け! 「数式なんて知らんし!!」 ― 第87回

徐々に大きくなっている〝西之島〞  じつは大陸形成の謎を解く鍵だった!?-倶楽部情報局

2020年11月24日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「徐々に大きくなっている〝西之島〞  じつは大陸形成の謎を解く鍵だった!?」を紹介します。


成長し続ける西之島

 突然ですが、“島”ってロケーション的にも響き的にも惹かれませんか? 日本列島という島国に住んでいるクセに、車や電車ではいけない、つまり陸路を使ってはいけない、いわゆる離島はちょっとした非日常感があります。この“行くのにちょっとハードル高い感”が別世界感を演出しているのでしょうか? どうにも島には不思議な魅力があるような気がします。

 そんな島が、“新しくできました!”ってなったら、それはもう超テンションアゲアゲです。それまでは海だったところに、突如として陸地、つまり島が現れるのです。RPGが好きなもので、どうしてもこのような現象を聞くと、「つ、ついに隠しマップが現れたか……」などと思う性分なのですが、つい最近、日本にもこの隠しマップが現れましたね!

 西之島。小笠原諸島にある小さな島ですが、この小さな島が2013年に我々を沸かせました。もとからあった島の近くで噴煙が上がり、新たに小さな島が生まれたのです。まさに“島、出現!”です。その後もこの新しい島は噴火を続け、その溶岩流によってスクスクと成長、もとからあった島と合体しました。ここまでで1カ月というスピード成長、このときの島の形が、某犬のキャラクターに似ていると話題になりました。

 生まれたてほやほやの新しい島は面積わずか0.056平方kmくらいと、東京ドームよりちょっと大きいかなくらいの大きさでしたが、もとからあった島との合体もあり、2018年1月現在、面積約3平方km。東京ドームが62個くらい入ってしまうくらいの広さになりました。とにかく噴火を繰り返し大きくなった西之島、2020年に入っても噴煙を上げ、溶岩の噴出も続いています。またいつか噴火するんでしょうか……?

 とにかく、海からの巨大な水柱、そして噴煙、溶岩と、ダイナミックな島の誕生。西之島は1973年にも噴火していて、その時の映像が残っていてインターネット上で見られるのですが、とにかく「おおおおおおおっ!」と声が出るほどダイナミックです。平穏だった海の色が変わり、ぶくぶくと泡が立ち、そして上がる噴煙と水柱。まるで地球の初期を見ているかのようです。そしてこの西之島が、地球における大陸生成のメカニズムを再現しているのでは? と、別の観点でも注目されているのです。なんと……太古の地球のメカニズムを解明するヒントが西之島にあったとは……。ただスクスクと成長しているだけではなかったのですね!

 さてさて、地球の陸地を大きく2つに分けると、“大陸”と“海洋底”、つまり、私たちが普段目にしている陸地と、海に潜らないと見えない陸地(海の底)の2つに分けられます。この2つ、面白いことに、大陸は分厚い安山岩、海洋底は薄い玄武岩でできています。この大陸を形成する安山岩は、大陸(大陸の火山)において噴出すると考えられているのですが、地球の創成期を思い出してみてください。地球の始まりは、マグマが固まって、その上に雨が降って、まずは海ができました。始まりは“海”、つまり陸地の始まりは海の底からなのです。が、海洋底は玄武岩でできているのに、今の大陸が安山岩でできているのって、なんだかおかしくないですか!?

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。科学好きが高じてついに連載開始。夢は家事を放棄すること。


 続きは「徐々に大きくなっている〝西之島〞  じつは大陸形成の謎を解く鍵だった!?」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版

【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1344(2021年7月20日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1343(2021年7月13日発行)

  • 週刊アスキー No.1342(2021年7月6日発行)

  • 週刊アスキー No.1341(2021年6月29日発行)

  • 週刊アスキー No.1340(2021年6月22日発行)

  • 週刊アスキー No.1339(2021年6月15日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事