• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

早くニューヨーク、ハーレムに戻って飛び回りたい……

1度飛び回れば虜になる「Marvel's Spider-Man: Miles Morales」、続きが気になりすぎる物語や新たなアクションにも注目

2020年11月20日 17時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

「Marvel's Spider-Man: Miles Morales」

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは11月12日に、PlayStation 4/PlayStation 5用ソフトウェア「Marvel's Spider-Man: Miles Morales」を発売した。開発は前作「Marvel's Spider-Man」から引き続きInsomniac Gamesが手掛けている。

 本作は、前作でも登場するマイルズ・モラレスが、ピーター・パーカーから主人公を引き継ぎ、ニューヨーク、ハーレムを守る新生スパイダーマンとして活躍することになる。とにかく前作から引き続きニューヨークの街を飛び回りながら犯罪が起きていないかチェックしているだけでも楽しく、さらにPlayStation 5でプレイすれば、60fpsのヌルヌル映像でのウェブ・スウィングや、レイトレーシングでの綺麗な街並みを堪能できる。

前作同様、オープンワールドのニューヨーク、ハーレムを飛び回るだけで楽しい

ビルとビルの間を飛び回る。スピード感も素晴らしい

本作は雪が降るニューヨーク。景色もいい

ビル街に佇むスパイダーマン。カッコいい

 今回は、編集部にあるPlayStation 5と、自宅のPlayStation 4でプレイしている。PlayStation 4版でも物語やゲームシステムは同じなので存分に楽しめるのだが、やはりPlayStation 5でプレイしていると、より一層PlayStation 5がほしくなるのも事実だった。本作の登場により、早く抽選に当たることをさらに強く願うことになった。

 ちなみに、PS4版を購入してプレイを始めて、その後にPS5を手に入れた場合でも、無料でPS5版にアップグレードして遊べる。早く遊びたいからPS4版を買おうと思うけど、PS5が手に入ったらPS5で遊びたいという、私のようなプレイヤーにとってはうれしい配慮だ。

前作から引き続き、MARVEL好き、スパイダーマン好きにぶっ刺さるストーリーに注目

 まずテンションが上がったのが起動した直後。「Marvel Cinematic Universe(MCU)」作品およびMARVELではおなじみのBGMとロゴが浮かび上がる。私のようにMARVEL作品が好きな人であれば、起動してすぐテンションが上がるはずだ。

本作の主人公であるマイルズ・モラレス。溢れるいい奴感。きっと誰しもが好きになるキャラクターだ

 先述したとおり、本作ではピーター・パーカーではなくマイルズ・モラレスが主人公を引き継ぐ。冒頭ではピーター・パーカーと共闘しながら、“ニューヨーク、ハーレム”のスパイダーマンの役割を学んでいくのだが、ある事情によりピーター・パーカーが戦線離脱することになる。

冒頭ではピーター・パーカーと共闘する場面もあるが、とある事情により1人でスパイダーマンとして治安を守ることになる

 その間、ピーター・パーカーからマイルズ・モラレスが、ニューヨークで唯一無二のスパイダーマンとして治安を任される。マイルズ・モラレスは、最初はピーター・パーカーがいないことに対して不安を覚えながら活動をすることになるが、物語が進むにつれて、スパイダーマンとして、ヒーローとして成長を遂げていく。

 というより、詳しくは実際にプレイしてほしいのだが、マイルズ・モラレスの周りで起こる数々の出来事が、彼を強制的に成長せざるを得ない状況へといざなっていくのだ。この出来事は、結構驚きの連続で、マイルズとともに「真相が知りたい」「この続きはどうなるのか」と物語に没入していった。

 また、マイルズの親友であり、プログラミングの天才としてスーツの開発なども手掛ける相棒でもあるガンケ・リー、ハーレム地区をよくするために市議会議員に立候補しているマイルズの母親のリオ・モラレス、マイルズの幼馴染であるフィン・メイソン、マイルズの叔父のアーロン・デイビスなど、ストーリーを彩る登場人物たちもいい味を出している。とくにアニメ映画「スパイダーマン:スパイダーバース」でも重要なキャラクターとして登場する叔父のアーロン・デイビスの登場には、胸を躍らせた。

 マイルズとともに躍動するこの登場人物たちが、ストーリーに厚みをもたらしているのは間違いない。加えて物語の合間も、スパイダーマンならではのウェブ・スウィングやパルクールを駆使した移動により、没入感はさらに増す。映画におけるシーンとシーンの間もスパイダーマンでいられるのは、ゲームである本作ならではの要素であり、魅力である部分だ。冒頭をプレイしただけでも、アクションゲームが好きな人はもちろん、MARVELが、スパイダーマンが好きな人にはぜひプレイしてほしいと感じる作品に仕上がっていた。

マップ内には“あの”ロゴも

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう