このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す! 第165回

まだまだ残る2年契約と違約金、年末にMNPをする人は事前準備で違約金が安くなる可能性も

2020年11月15日 12時00分更新

文● 正田拓也 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新型iPhoneも発売され、年末にかけて購入、その際にキャリアの乗り換えを考えている人もいるのではないだろうか。12月にMNPや今使っている回線を解約をする予定があれば、11月中に準備しておくとトクするケースがある。今回は、今でも適用されている人がいるであろう2年契約やその違約金の負担を減らす方法などについて紹介する。

同じ料金プランでも昨年9月までに契約した場合は、違約金や注意すべき事項が異なってくる

2年契約には相変わらず要注意
約1万円の違約金の負担はまだまだありえる

 昨年10月以降、3大キャリアに新規で契約した場合には、ソフトバンクはそもそも長期契約がなくなっており、ドコモやauでは2年契約があるプランでも解約時の違約金が1000円になっている。しかし、それ以前の場合は約1万円の違約金が請求される契約がまだまだ残っているはずだ。そのまま何も変更せずに契約し続けていると2年契約は続き、解除料は約1万円のままで変わらないというケースがほとんどだ。

 しかも従来型のプランでは、料金の中にスマートフォン購入時の値引き分を含んでいて、高めに設定されていることもあり、そのままプラン変更しないと損をするという場合が多い。なかでも注意しなければならないのは、2年契約を継続すると特典があるというのに惹かれて、そのまま更新してしまうことだ。

 2年契約を含む料金プランは、何もしなければ自動更新で、しかも分離型以前の高い料金のまま。途中解約時の違約金もそのままになる。au/ソフトバンクの場合はプラン変更してしまえば違約金を減額できる技があるが、ドコモの場合は違約金が1000円のプランに変更はできるが、変更前のプランの2年契約が満了するまでに解約すると、以前の約1万円の違約金が発生する。

 つまりMNPや解約を予定しているなら、事前に確認や準備が必要になってくるのだ。

ドコモは2年契約の更新には要注意

 ドコモでは、古いプランの2年契約を更新すると「更新ありがとうポイント」という制度があり、3000ポイントがもらえる。しかも該当者には3000ポイントを強調した、更新を促すDMまで送られてくる。

古いプランで2年契約更新時はポイントが付与されるが、そもそもその料金が自分に合っていてオトクかどうかも含めて確認したい

 もし、何もしなければ自動更新なので3000ポイントがもらえるが、高い料金はそのまま。MNPや解約がしたくなっても違約金も約1万円のままとなる。ドコモの場合、家族割引の状況や「docomo with」適用回線の場合は従来プランの方が安いケースもあるので一概には言えないが、2年契約満了月になったら、自分の現在の利用状況を確認して、2年契約を更新するかどうかしっかり検討すべきだ。

 たとえば、以前のプランである「シンプルプラン(スマホ)」「Xiベーシックパック(~1GB)」「spモード」を合計すると月4180円(以下すべて、税抜)、2年契約の違約金は9500円だが、現在の「ギガライト(~1GB)」なら2980円(1回線契約の場合)で、違約金も1000円と大幅に安くなる。しかも、新プランでは2年契約を無しにしても月170円しか高くならない。いずれにしても1回線だけ使っているような人なら、更新月は忘れずにプラン変更しておきたい。

 なお、ドコモの2年契約者が違約金がかからず解約できるのは契約満了月の当月/翌月/翌々月の3カ月間。もし、2018年11月に契約しているなら、2020年11月と12月、2021年1月が違約金がかからない月となる。

違約金を安くできる!
auやソフトバンクの場合は、前月までにプラン確認を

 auやソフトバンクでは、従来プランの人でも違約金が1000円の新プランに変更するだけで、MNPや解約時の違約金を減らせる。具体的にはソフトバンクの「ミニフィットプラン」「メリハリプラン」は違約金なし、auは「ピタットプラン(新auピタットプランN)」「データMAX」では違約金が1000円になる。

 そのため、従来の2年契約を結んだ人でMNPや解約を予定しているなら、事前にプラン変更をしておくと違約金が大幅減額となる。ただし、プランの適用はauは申し込み翌月、ソフトバンクは請求締日後なので、たとえば12月にMNPを予定していて、12月の解約で高額違約金が発生するようなら、auは11月末より少し前、ソフトバンクは11月の請求締日の少し前までにプラン変更の申し込みを済ませておきたい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン