このページの本文へ

確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」へのデータ連携を開始

マネーフォワード ME、家計簿データから確定申告が可能に

2020年11月12日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マネーフォワードは11月12日、家計簿作成サービス「マネーフォワード ME」において、確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」へのデータ連携を開始した。これにより、マネーフォワード MEの家計簿データから確定申告が可能になった。

 今回の連携により、副業や事業をしているマネーフォワード MEのユーザーは、副業で支払った事業経費や雑所得などのデータを、マネーフォワード クラウド確定申告に連携して、仕訳情報や申告書類を作成できるようになった。医療費控除申請をしたい人は、家計簿の明細データから医療費のデータをマネーフォワード クラウド確定申告に連携して明細書を作成できる。

 また、確定申告期間にあわせて、マネーフォワード クラウド確定申告のアプリから、電子申告ができる機能も提供予定とのこと。これにより、アプリを使って申告書作成から確定申告までが可能になるため、申告作業の効率化につながるとしている。

 マネーフォワード MEは、銀行やクレジットカード、ECサイト、証券など2600以上の金融関連サービスから入出金履歴や残高、購入履歴などの情報を取得して、自動で家計簿を作成できるサービス。料金は無料。

 マネーフォワード クラウド確定申告は、個人事業主のための確定申告作業をラクにするとうたうクラウド型確定申告ソフト。青色申告や白色申告に対応し、確定申告書Bや青色申告決算書、収支内訳書など確定申告必要書類の自動作成が可能。料金はAndroid版が無料(2021年1月頃を目途に有料化を予定)、iOS版が月額1078円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン