このページの本文へ

書類の作成から提出までアプリでOK

マネーフォワード、スマホで確定申告を完結できる機能を提供開始

2021年02月10日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホアプリで電子申告まで完結できる「電子申告機能」

 マネーフォワードは2月9日、確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」のスマホアプリにおいて、「電子申告機能」を提供開始した。

 仕訳から確定申告書類の作成、マイナンバーカードの読み取りや申告書類の提出まで、ひとつのスマホアプリで完結できるサービスは、国内初としている。ICカードリーダー対応のスマホのみ対応(iOS 13以上、Android 6以上)で、別途カードリーダーは不要。

 マネーフォワード クラウド確定申告は、銀行口座やクレジットカードなどの金融関連サービスを連携することで、明細データを自動取得し、仕訳や申告書を簡単に作成できるサービス。

 今回、電子申告機能を提供開始したことで、利用者は、事業経費の仕訳や申告書を簡単に作成できる上、マイナンバーカードの読み取りや申告書の提出までの作業を、ひとつのアプリで完結できるため、書類を郵送したり申告会場に出向くことなく、確定申告ができる。

 また、2021年内を目途にマイナポータルと連携し、マイナポータルに登録された保険料控除証明書や医療費情報のデータを取得し、確定申告書を作成できる機能を提供開始予定。

画面イメージ

 なお、本機能の提供開始に合わせて、「今年はスマホで申告キャンペーン」を開始。「マネーフォワード クラウド確定申告」のスマホアプリで電子申告をした人の中から、抽選で500名にAmazonギフト券1000円分をプレゼントする。期間は3月15日23時59分まで。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン