A.L.I.とゼンリンデータコムが業務提携 ドローン物流配送の新たな商用サービス創出を目指す

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 A.L.I.Technologiesは11月10日、ゼンリンデータコムと、事業領域の拡大と拡充、新たなビジネスの構築を目的とした業務提携を締結したと発表。

 ゼンリンデータコムは、高精度な地図データを活用した事業や、地図データや位置情報に付加価値情報を付けたサービスの提供を展開している。また、ゼンリングループでは2016年からドローン事業にも力を入れているという。

 今回の業務提携において、ゼンリングループは同社が保有するドローン用3次元地図データ、経路探索エンジン、気象情報を提供する。A.L.I.と共同で、先端技術を活用したドローン物流管理システムやマルチモーダル物流管理システム構築に向けた検討をするとのこと。

 A.L.I.は、同社が提供するトラフィック管理プラットフォーム「C.O.S.M.O.S(コスモス)」に、ゼンリンデータコムの提供データを組み込み、ドローン物流配送における新たな商用サービスを創出するとのこと。当該サービスは、2021年度の夏頃から、過疎地におけるドローン物流配送で商用化を開始する予定だ。

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
2020年
01月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
04月
06月