スマートドライブとソラコム、モビリティー分野で協業

ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートドライブとソラコムは10月30日、プラットフォーム間連携と協業ソリューションの開発を開始したと発表した。

 スマートドライブはモビリティーデータを活用したサービス「Mobility Data Platform」を提供、ソラコムはIoTプラットフォーム「SORACOM」を提供しており、両社のサービスのデータ連携を可能とした。

 ソラコムが提供するIoT通信とSORACOM認定デバイス/リファレンスデバイスから得られたIoTセンサーのデータと、スマートドライブが収集・解析する移動データをかけ合わせることで、車両管理による業務効率化、移動データを利用した新サービス、地域の移動をつなぐMaaSといった幅広い分野における「IoT x 移動」のアイデアが実現可能。

 SORACOMが提供するIoTデバイスの利用により、スマートドライブ独自のデバイスに限らず、さまざまなデバイスから収集したモビリティーデータを蓄積・解析できることから、データを利活用して各種の課題解決に役立てられているという。

 両社は共に移動データ活用拡大を目指し、各専門分野の技術をより使いやすく提供するとともに、MaaS分野での新たな協業ソリューションの開発・提供を目指し、連携を進めるとしている。

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月