このページの本文へ

iPad、iPhone版登場「Adobe MAX 2020」注目の新製品・アップデートまとめ

2020年10月21日 17時00分更新

文● 井上 晃 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

XDでは3D変形機能が追加

●XD
 Webサイトやアプリのプロトタイプ作成に活用されるXDでは、3Dスペースでオブジェクトを回転できるようになり、奥行きのある表現が行いやすくなった。また、Creative Cloudライブラリが統合され、ライブラリパネルからカラーやコンポーネントなどに直接アクセスできるように。共同編集機能も従来ベータ版として提供されていたものが、正式版となる。

【XD バージョン34の主な新機能】
・3D変形
・共同編集
・高さを自動調整
・コンポーネントのネスト
・デザインスペックのコンポーネントのステート
・強化されたCreative Cloudライブラリの統合

●Premiere Pro
 映像編集で使われるPremiere ProではLUTが埋め込まれたARRI ProRes 形式のカラーマネジメントによってワークフローが効率化されるという。キーノートではオーディオからのテキスト書き起こし機能も披露された。

【Premiere Pro バージョン14.5の主な新機能】
・ARRI ProRes のカラーマネジメント
・Rec2100 PQ カラー作業用スペースのサポート
・パフォーマンスの向上
・ProRes RAW の読み込みサポート
・ProRes RAW から LOG へのカラースペースの変換

●Premiere Rush
 ライトユーザー向けの映像編集アプリであるPremiere Rushでは、パン・ズームの機能が強化されたり、新しいトランジションに対応したりといった変化があった。

【Premiere Rush バージョン1.5.34の新機能】
・エフェクトパネルでの新しいトランジション
・パンとズームの機能強化
・アプリ内アセット(グラフィックとオーディオ)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン