このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

会期は10月20日~22日、世界同時オンライン開催

iPad版「Adobe Illustrator」も! 10月21日から開催「Adobe MAX 2020」注目ポイント

2020年10月20日 22時00分更新

文● 井上 晃 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Adobeは「Adobe MAX 2020」をオンラインイベントとして開催。日本時間10月21日の深夜1時よりグローバル版の基調講演放送を契機に、さまざまなオンラインセッションを無料で公開する。本稿では、事前に解禁された情報を踏まえ、同イベントにおける見どころをお伝えしたい。

注目の新製品は"イラレiPad版"を含めた3つ

 Adobe MAX 2020に関連して注目したい新製品は3つ。①Illustrator iPad版、②Fresco iPhone版、③Aeroデスクトップ版(プレビュー)だ。

Adobe Illustrator iPad版ではロゴマークのデザインなどがしやすい

 まず、Adobe Illustrator iPad版は、昨年のAdobe MAX 2019で開発発表があった製品だ。10月21日に正式版リリースされる。ベジェ曲線と言われるアンカーポイントを活用した描画方法に対応しており、フリーハンドよりも機械的な曲線が描ける。ロゴマークの作成など、よりデザイン業務に適した作業ができる。

Adobe Fresco iPhone版で一部描画を加えたイラスト

 次に、Adobe Fresco iPhone版は、昨年9月に提供開始を迎えたドロー&ペイントアプリ「Adobe Fresco(フレスコ)」のiPhone版だ。こちらも10月21日に提供開始となる。画面のUIは縦長のモバイル環境に最適化して調整されているが、搭載する機能としては、ほぼiPad版と同様の体験を提供するものだという。

 最後に、Aeroデスクトップ版プレビューが提供されることもポイント。「Adobe Aero」は昨年のMAXのタイミングで提供開始を迎えた、ARコンテンツ向けのオーサリングツールだ。モバイル機器上での操作としては、ピンチイン・ピンチアウトといった感覚的な操作ができることがウリだったが、デスクトップ版では数値を操作するような精密な操作ができる点が、異なる。今回のMAXに合わせて、プレビューパブリックβの募集が開始される。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン