このページの本文へ

iPhone 12、ASCII筆者はこう思った 第5回

気軽に使えるiPhone 12、本気で向き合う必要があるiPhone 12 Pro【中山 智】

2020年10月14日 16時15分更新

文● 中山 智 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3サイズ/4モデルとラインナップが増加した
iPhone 12シリーズだが……

 iPhone 12シリーズが発表されました。しかも3サイズ/4モデルも……。筆者はIT系のライターをしているので、スマホ購入の相談を受けることがよくあるのですが、しばらくは「どのiPhoneを買えばいいの?」と、ことあるごとに質問されそうです。

 昔はラクでしたねぇ。それこそカラバリとストレージ容量くらいしか違いがなかったので、アドバイスも簡単でした。それが今ではサイズの違いだけでなく、細かな性能もモデルによって違うとは・・・・・・。

iPhoneは旧モデルなども含めると7モデルも現状購入できる

 ただ一般のユーザーが「iPhone 12 Pro/12 Pro Max」を購入する必要があるかなとも思います。カメラ機能ではセンサーやレンズ数が「iPhone 12/12 mini」より強化されているので、よりキレイに撮れそうではありますが素人レベルではその差は引き出せないかも。

 特にProシリーズでは写真に「Apple ProRAW」が利用でき、動画もDolby Vision対応HDRビデオ撮影が最大60fps(iPhone 12/12 miniは30fps)となっています。このあたりの機能は、写真も動画も撮影技術や知識があってこそ活かせそうで、普通の人が使うとただ単純にデータサイズの大きな写真や動画が端末内に増えていくだけになりそうです。Proシリーズを買うなら、最大容量の512GBモデルは必須ですね。

RAWで撮影できるのはうれしいが、そのぶん保存データも大きくなる

 実際「Pro」と名付けているので、「iPhone 12 Pro/12 Pro Max」は本当にプロ向けだなぁという印象です。逆に言えば「iPhone 12/12 mini」でも十分にAppleがユーザーに提供したいと考えている最新の体験は得られるかなと思います。

 なので「どのiPhone買えばいいの?」と聞かれたら、「iPhone 12かiPhone 12 miniのどちらかで、持って操作してみてしっくりくる方で」と答えるかな。そもそもProシリーズのカメラ機能を使いこなせるような人は、どのiPhoneを買えば良いかなんて質問してきませんからね。もうiPhone 12 Pro Maxの512GBモデル一択でしょう。

iPhone 12 Pro Max(512GB)の価格は税抜きで15万800円と本気で使いこなす自信がなければ、気軽には買えない

 ちなみに筆者は、ここ最近「iPhone 7 Plus」→「iPhone XS」と2年空けて買い替えてきているので、今年は買い換えのタイミングではあります。実際発表される前は買い替える気マンマンだったのですが……、日本版はどのモデルを買っても5Gの「ミリ波」に対応してないんですよね。そうなると、来年はミリ波対応のモデルが出るでしょうから買い替えざるをえない……。

 なので、もう1年「iPhone XS」を使い続けてもいいかなと思いはじめています。どちらかというと、先月発表された「iPad Air」のほうが欲しいので。

筆者紹介:中山 智

 海外取材の合間に世界を旅しながら記事執筆を続けるノマド系テクニカルライター。雑誌・週刊アスキーの編集記者を経て独立。IT、特に通信業界やスマートフォンなどのモバイル系のテクノロジーを中心に取材・執筆活動を続けている。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中