このページの本文へ

iPhone 12、ASCII筆者はこう思った 第13回

最新こそ最良。スペック厨的にはiPhone 12 Pro Max以外見えない!【スマホ総研スピーディー末岡】

2020年10月15日 17時00分更新

文● スピーディー末岡 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

現在考えられる最高のものを搭載した
iPhone 12 Pro Max

 現在筆者が使っているiPhoneは、「iPhone XS Max」だ。基本的に毎年買い替えてきたのだが(iPhone 7はスルーしたけど)、昨年のモデルは目立って新しい機能はなかったし、5G搭載までの過渡期とも思ったので買わなかった。

 だが、今回発表された「iPhone 12」、とくに「iPhone 12 Pro Max」は久しぶりに物欲が騒いだ。小型端末には興味ないのでminiと無印はスルー。となるとProシリーズなのだが、この中でもProとPro Maxで差別化してくるとは……。iPhone 12 Pro Maxだけのカメラ機能がありますよ~なんて言われたら、買わざる終えないではないか。20万円くらいしそうだなと思っていたのだが、値段も512GBが約15万円と良心的。

値段はAndroidのハイエンド機と比べると同等か安いくらい

 もちろんAndroidスマホでは当たり前に搭載されている機能もあるが、そこはアップル。そつなく上品にまとめている。カメラも1200万画素と数字だけ聞くとイマドキのスマホにしては画素数少なめと感じるが、写真の仕上がりがダンチである。

 Apple ProRAWも普通に写真を撮る人には必要ないかもしれないが、ここからRAWの処理に目覚める人もいるかもしれない。Dolby Visionも同様で、大半の人には関係のない機能かもしれないが、ここからクリエイターが生まれるかもしれない。そういう意味では、プロ向けというより、プロを生み出すプロダクトなのかもしれない。

無駄な機能なんてないのかもしれない

 デザインはiPhone 6から続いたラウンド形状がやっと終わったと思いきや、またiPhone 5までの頃に戻るとは……。すでに完成されてるデザインで、変更しようがないのかもしれないけど、ノッチ部分も含めもうちょっと変えてほしかった。もう少し苦言を呈するのなら、ご時世的に画面内指紋認証を入れてくれよと。いちいちマスクをずらしてのFace IDは不便すぎる。

 あと、日本版はミリ波に対応していないので、これは来年に期待したい。

アスキースマホ総研 スピーディー末岡

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中