このページの本文へ

iPhone 12、ASCII筆者はこう思った 第12回

スマホっぽい発表会だったiPhone 12の登場 iPhone 12 miniが現実的な選択【山田祥平】

2020年10月15日 15時00分更新

文● 山田祥平 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホっぽい発表会に戻った
iPhone 12

 iPhone 12が発表された。その発表会イベントを視聴して驚いた。まるでスマホの発表会だ。というか、iPhoneに限ったことではなく、スマホの発表会はこの数年、まるでカメラの発表会のような様相で、通信のことには一切触れずに、カメラのことばかりをアピールすることが珍しくなかった。

 だが、先日のアップルの発表会は違った。しょっぱなに5Gフル対応のこと、そしてキャリアとのコラボレーションについて言及した。そして、ゲストは米最大手キャリアのベライゾン社長・Hans Vestberg氏で、5Gネットワークが米国にもたらす素晴らしい世界観を訴求した。

iPhone 12

 今回発表されたのは「iPhone 12」シリーズで、バリエーションとしてコンパクトなiPhone 12 miniもお披露目された。双方ともに5G対応だ。

 さらにオマケとして、さすがにカメラにフォーカスしたiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max。ただし価格的にはかなり高価になっていて、まさにプロフェッショナル向けとされている。アップルでは、Apple ProRAWなどの採用により、次世代の映像クリエイターたちがカメラを持ち込むのが難しい環境で使うことになるだろう。いや、すでに使われているかもしれない。このPro機が、これからの映像の世界を変えることになるという。

 ただ、一般的なiPhoneユーザーは、やはり無印iPhone 12か、新しく登場したminiに興味を向けることになりそうだ。なんといっても、無印が6.1型で162g、miniにいたっては5.4型で133gと、近頃の5G対応スマホ、いやスマホ全体でみても、きわめて軽量に仕上げられている。価格的にも、割引施策がないに等しい今は、ノンProラインがメインになるだろう。

 いくら高性能で画面が大きくても200g近い、あるいはそれを超える重量のスマホというのは、日常的に肌身離さず持ち歩くガジェットとしてどうなんだろうと常々感じているので、この方向性は歓迎したい。実質的なバッテリー駆動時間が気になるところだが、こればかりはフタを開けてみないとわからない。でも、どうせみんなモバイルバッテリを併用しているのだから、あまり関係ないような気もする。付属のケーブルがType-C to Lightningになったことで、多少の高速充電も新しい当たり前になる。サードパーティ製ACアダプターのラインアップも充実しそうだ。

 要するに、今年のiPhoneは、それを取り巻くエコシステムの仕切り直しだ。それだけに、Ligntningが廃止されなかったのは実に残念だ。

山田祥平氏

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中