このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

コナミアミューズメントの「ARESPEAR」初のゲーミングPC最速実機写真レポート!

2020年10月01日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨年の東京ゲームショウ2019にて、ゲーミングPCや周辺機器などへの参入を発表したコナミアミューズメントが、eスポーツ向けブランド「ARESPEAR(アレスピア)」として初のデスクトップPCとして今年の7月27日から予約を開始していたシリーズ3モデルの出荷が、ついにスタート。

 その最上位でハイクラスとなる「ARESPEAR C700+」と、スタンダードクラス「ARESPEAR C300」をさっそくお借りできたので、まずはそのデザインや内部構造などを実機写真でお伝えしたい。

 まずご紹介するのはハイクラス+モデルである「ARESPEAR C700+」。本製品はCPUにIntel「Core i7-9700」(8コア/8スレッド、3.0~4.7GHz)、ビデオカードにNVIDIA「GeForce RTX 2070 SUPER」を採用し、NVMe対応の512GB SSD+1TB HDD、16GBメモリーなどを搭載する。また、CPUの冷却システムに水冷方式を実装しているのも特徴。

 基本スペックはハイクラスモデルである「ARESPEAR C700」と同じだが、「ARESPEAR C700+」は左側面に透明なアクリルパネルを採用し、内部が見えるようになっているのに加えて、LEDによるライティング機能を備える。

 コナミアミューズメントによると、アクリルパネルがある方がPCの正面になるようデザイナーが設計したとのことだが外部、内部構造をお伝えするのに分かり辛くなるので、以降もインターフェースがある方を背面(リア)、その逆を前面(フロント)としてお伝えしたい。

アクリルパネルとフルカラーLEDを備える最上位の「ARESPEAR C700+」

「ARESPEAR C700+」「ARESPEAR C700」の主なスペック
機種名 ARESPEAR C700+ ARESPEAR C700
CPU Intel「Core i7-9700」
(8コア/8スレッド、3.0~4.7GHz)
ビデオカード NVIDIA「GeForce RTX 2070 SUPER」
メモリー 16GB
(DDR4-2666、8GB×2)
ストレージ 512GB SSD(NVMe M.2)
+1TB HDD
サウンドカード ASUS「XONAR AE」
インターフェース DisplayPort出力(1.4)×3、HDMI出力(2.0b)、USB3.2 Gen2(Type-C)、USB3.2 Gen2(Type-A)、USB3.1 Gen1(Type-A)×6、USB2.0×2、ギガビットLAN他
フルカラーLED 搭載 非搭載
サイズ/重量 230(W)×575.3(D)×501.5(H)mm/約17kg
OS Windows 10 Home(64ビット)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン