このページの本文へ

ケースには「リジッドカードサポート」を標準搭載

GALLERIA(ガレリア)、GeForce RTX 3080搭載のゲーミングデスクトップPC3モデル

2020年09月17日 22時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは9月17日、「GALLERIA」から、GeForce RTX 3080を搭載するゲーミングパソコン「GALLERIA UA9C-R38」の販売を開始したと発表。販売はドスパラ店舗および通販にて。価格は32万9978円。

 GALLERIA UA9C-R38は、CPUにCore i9-10900K、グラフィックスにGeForce RTX 3080を搭載するフラッグシップモデル。GeForce RTX 3080は、フレームレートを高めるAIレンダリング技術「NVIDIA DLSS」や、映画品質のレンダリングを可能にするというレイトレーシング、システム遅延を最小限に抑えてゲーム内の反応速度を高める「NVIDIA Reflex」などの最新技術により、ユーザーにこれまでにないリアリティーを追求したゲーム体験をもたらすとうたう。

 本体ケースには、大型ビデオカードを安定した状態で固定する『リジッドカードサポート』を標準搭載する。ビデオカードを振動や経年劣化の脱落から守ることで、パソコンの耐久性を高めたとする。

 主なスペックは、メモリーが32GB、ストレージが1TB NVMe SSD+2TB HDD。インターフェースは、本体前面にUSB 3.2 Gen1 Type-A×4、背面にUSB 2.0×2、USB 3.2 Gen2 Type A×2、USB 3.2 Gen1 Type A×2を装備する。本体サイズ/重さは、およそ幅220×奥行き440×高さ480mm/およそ14kg。

 そのほか、GALLERIA ZA9C-R38(Core i9-10850K/GeForce RTX 3080)を27万4978円、GALLERIA XA7C-R38(Core i7-10700/GeForce RTX 3080)を24万1978円で販売する。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ