このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

コスパ最強VRデバイス爆誕!

Oculus史上最高解像度で3万円台からのスタンドアローン型VRHMD「Oculus Quest 2」が登場

2020年09月17日 02時30分更新

文● 高橋佑司 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Facebook傘下のOculusは、VRヘッドマウントディスプレー(VRHMD)の新製品「Oculus Quest 2」(以下、Quest 2)を発表。9月16日から予約受付を開始し、10月13日から販売する。価格は64GBモデルが税別3万3800円、256GBモデルが税別4万4800円。

 Amazonなどのネットショッピングをはじめ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、GEOなどで店頭販売も実施する。Oculus製品の日本での店頭販売は今回が初めて。

 Oculus Quest 2は、PCと接続せずにVRコンテンツが楽しめるスタンドアローン型のVRHMDでありながら、上下左右の移動+回転まで認識できる6DoF(自由度)対応モデルの次世代機。傾きや回転のみを認識できる3DoFのスマホVRなどと比べて、より幅広いコンテンツ表現が可能になっている。

 今回、発売に先駆けて本製品を試用できたので、そのファーストインプレッションをお届けする。

Oculus Quest 2の主なスペック
ディスプレー解像度 3664×1920ドット
(1眼あたり1832×1920ドット)
SoC Qualcomm「Snapdragon XR2」
トラッキング 6DoF
リフレッシュレート ローンチ時72Hz
(今後90Hzにも対応予定)
RAM 6GB
ストレージ 64GBまたは256GB
サイズ 191.5(W)×142.5(D)×102(H)mm
バッテリー駆動時間 ゲーム:約2時間/動画視聴:約3時間
IPD 58、63、68mmで調整可能

前世代からカラーを一新

 VR業界において“Oculus”といえば、言わずと知れたVRHMD開発の雄。2018年に発売したスタンドアローン型VRHMDの「Oculus Go」は、当時実売2万円台という価格で、PC接続の必要もない手軽さ・スマホVRよりも高品質なVR体験ができる性能を備えており、一時日本市場でも話題になった。

 そんな同社から新たに登場したOculus Quest 2は、その名が示す通り2019年発売の「Oculus Quest」(以下、Quest)の後継機。カラーを黒から白に改め、製品のイメージはがらりと変化した。

パッケージを開けたところ。VRデバイスにしてはかなりすっきりした内容だ

同行物は、本体とコントローラー×2、ACアダプターと充電・PC接続用のUSB Type-Cケーブルなど。右上に見えるのは、本体とフェイシャルパッドの間に入れて眼鏡が入るスペースを確保するためのスペーサーだ

 重量は、実測で504g。初代のQuestが実測580gだったのに比べて、76g軽量化している。見た目に分かりやすいのはヘッドストラップの材質の変化。Questが柔らかいプラスチック製だったのに対し、Quest 2は布製になっている。本体の大きさはそれほど大きくは変わっていないが、若干小さくなっているようだ。

左がQuest、右がQuest 2。本体は少し小型化

重さは実測で76g軽量化している

 インターフェースとしては電源ボタンと音量+/-ボタン、USB Type-C、3.5mmジャックを備える。Questで左右1つずつついていたオーディオジャックは1基減っている。

正面から見て左側に電源ボタンと、充電中などの状態を色で示すインジケーター

USB端子とオーディオ端子は正面から見て右側についている

本体下部には音量ボタンとマイク

 コントローラーに関しては、左右それぞれに親指のボタン2つ、アナログスティック、メニュー表示のOculusボタン、人差し指部分のトリガー、中指部分のグリップボタンを備える。親指部分のスペースがQuestのコントローラーより大きくなったことで、リングの穴が大きくなり、指がひっかりりにくいデザインにしたとのこと。

左がQuest、右がQuest 2のコントローラー。親指部分のスペースが前世代と比べて広くなっている

上部にはボタン2つとスティックを配置

人差し指のトリガーと中指のグリップボタン。ボタン類の配置は前世代と変わっていない

コントローラーは単三電池で動作する。出荷状態でコントローラー内に最初から電池が入っているので、絶縁シールを引き抜けば使える

 そのほかの違いとして、IPD(瞳孔間距離)の調整の仕方が変わっている。あまり聞き覚えのない言葉かもしれないが、要は左右のレンズの距離のことだ。

 VRHMDは基本的に、このIPDの調整機能がある。両目の間の距離は個人差があり、これに対してVRHMDのレンズの位置が適切でないと、違和感のある映像でVR酔いの原因にもなる。それゆえ、ユーザーがIPDを自分で調整できるようになっている製品が多い。Quest 2の場合は、IPDは58/63/68mmの3つの段階から調節する。調節時にはレンズ部分を直接つまんで、広げたり狭めたりする設計だ。

レンズをつまんで、3段階の位置に調整できる

現在のIPD設定によって、眉間部分にあるインジケーターの数字が1~3で変化する

 前世代のQuestでは、IPDは段階ではなく自由な位置で調節できた。また、レンズをつまんで動かすのではなく、本体下のスライダーを動かすことでレンズが移動する仕組みだった。これによって実際に装着して画面を見ながら調節できたのだが、Quest 2は一度外さなければならないため、若干不便になったような感じはする。

 とはいえ、IPDは一度設定すれば自分が使う分には変更する必要もないので、最初の設定が済めばとくに気になることもないだろう。

実際に装着した様子。奥行きがないので安定感がある

 実際に装着してみると、筆者がこれまでに体験したVRHMDのなかでは抜群にいい付け心地だ。スペックは高いものの大型で重く、ケーブルで動きを制限されるPC接続型VRHMDは、長時間使用すると首や肩が凝ったりしやすいが、小型・軽量のスタンドアローン型VRHMDは、格段に身体への負担が小さい。

 同じスタンドアローン型でも、Questと比べるとやはり軽量化しているのが分かる。Oculus Goほどは軽くはないが、Oculus Goは本体の厚みがあるので重心が前にあり、前への傾きで目元下に重みがかかることがあった。Quest 2の方が本体が薄く、重心が手前に寄っている分、そうした傾きがないようだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ