AMDプラットフォームのクリエイティブ用途をさらに強化

GIGABYTE、B550 VISION DマザーボードがThunderbolt 3認定を正式取得

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

B550 VISION Dマザーボード

 GIGABYTEは8月27日、AMD B550プラットフォームにおけるB550 VISION Dマザーボードが、Thunderbolt 3認定を正式取得したと発表した。

 コンテンツ・クリエイター向けに最適化されたB550 VISION Dマザーボードは、AMD B550プラットフォームにおける世界初かつ唯一の、Thunderbolt 3認定された製品(2020年8月27日時点)としている。

 GIGABYTE製品開発部門長であるJackson Hsu氏は、次のように述べた。「近年、コンテンツ・クリエイター専用のPC製品の市場投入が進み、ゲーム市場を超えたシェア獲得が期待されています。私達は、クリエイターが必要とする機能を提供することが、重要な要素であることに気づきました。」

 「GIGABYTEは、以前のDESIGNAREシリーズから最新のVISION Dシリーズの製品ラインまで、数年にわたってクリエーター・マザーボードを展開してきました。コンテンツ・クリエイターにとって非常に重要なThunderbolt機能を段階的に導入しています。その中でも、クリエイター向けに最適化されたパフォーマンスを継承するB550 VISION Dは、GIGABYTEの先行技術を搭載しております。」

 B550 VISION Dは、Titan Ridge Thunderbolt 3 ICを搭載し、USB Type-C端子2ポートで最大毎秒40GB転送が可能という。デイジーチェーン接続により、各ポートに最大6個のThunderbolt 3機器を接続可能。

 2連インテルGbE有線LANおよびWi-Fi 6無線LANも搭載しており、コンテンツ・クリエイターに必要な接続性を備えるとする。また、B550 VISION DはECCメモリーに対応しており、エンコーディングなどの長時間のデータ処理に対応する。さらに、プロフェッショナル向けのQuadroグラフィックスカードとの検証も行なわれており、あらゆるクリエイティブ用途に対応できるとしている。

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月