Webサイト管理者のための2020年版“IPv6対応入門”第4回

AWSのクラウド環境を使い、VPC+EC2+Route 53で構成したWebサイトのIPv6対応設定を行う

Webサーバーの設定を変更して「IPv6対応サイト」にする【後編】

文●大塚昭彦/TECH.ASCII.jp 監修● 久保田 聡/日本ネットワークイネイブラー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(1)仮想ネットワーク(Amazon VPC、サブネット、ルートテーブル)の設定追加

 まずは仮想ネットワークの設定変更からだ。AWSの管理コンソールでVPCダッシュボードを開く。

 最初に、Amazon VPC(Virtual Private Cloud)の設定追加を行う。ダッシュボードのトップ画面(または左ペイン)の「VPC」をクリックし、一覧から該当するVPCを選択したうえで、「アクション」メニューの「CIDRの編集」を実行する。

対象となるVPCを選択して「CIDRの編集」を実行。画面右端に見えているとおり「IPv6 CIDR」は未設定だ

 次の「CIDRの編集」画面が開くと、「VPCに関連づけられたIPv6 CIDRブロックはありません」と表示されている。そこで、このVPCで利用するIPv6アドレスブロックを追加する。「IPv6 CIDRの追加」ボタンをクリックするとポップアップ画面が表示されるので、「Amazon provided IPv6 CIDR block」を選択した状態のままで「Select CIDR」ボタンをクリックする。

 これにより、AWSが保有するIPv6アドレスプールから自動的に、このVPCに対して/56サイズの(ネットワーク識別子が56ビット長の)IPv6アドレスブロックが割り当てられる。VPCの仕様上、このブロックサイズをユーザーが変更することはできない。

「Select CIDR」ボタンをクリックすれば、AWSのIPv6アドレスプールから自動的にアドレスブロックが割り当てられる

VPCの一覧画面に戻ると「IPv6 CIDR」の欄にIPv6アドレスブロックが設定されている

 続いて、VPC内のサブネットにIPv6アドレスブロックを割り当てる。VPCダッシュボードで「サブネット」をクリックし、サブネットの一覧画面を表示する。筆者の環境では、6つのサブネットがすでに存在していた。

 ここで、先ほどのVPCと同じように、サブネットを選択して「アクション」メニューの「IPv6 CIDRの編集」を実行する。まとめて複数のサブネットを編集することはできないので、1つずつ編集を実行していくことになる。

サブネットを1つずつ選択して「IPv6 CIDRの編集」を実行していく

 なお、VPCのサブネットに割り当て可能なIPv6アドレスブロックは/64サイズに固定されている。「サブネットのCIDRブロック」で2文字の数字(00~ff)を入力して、先ほど設定したVPC CIDRブロックの範囲内から指定するようになっている。今回はわかりやすいように、6つのサブネットに「00」~「05」をそれぞれ入力した。

サブネットのIPv6アドレスブロック設定画面。ネットワーク識別子が他のサブネットと重複しないように、2文字の数字(00~ff)を入力する

6つのサブネットに対してそれぞれ、重複しないようIPv6アドレスブロックを設定

 なお、ここで「アクション」メニューから「自動割り当てIP設定の変更」を実行し、「IPv6の自動割り当て」を有効にしておくと、これ以降、サブネット内で起動するインスタンスに対して自動的にIPv6アドレスが割り当てられるようになる。インスタンス側の設定を上書きする形になので、設定を忘れないように有効にしておくとよいだろう。

サブネット単位で、インスタンスに対する「IPv6アドレスの自動割り当て」をまとめて設定できる

 最後に、このVPCのルートテーブルにもIPv6設定を追加する。VPCダッシュボードから「ルートテーブル」の一覧画面を開き、該当するルートテーブルを選択して「アクション」メニューの「ルートの編集」を実行する。

 既存のルートテーブルには、先ほどVPCに割り当てられたIPv6アドレスブロックが、ターゲット「local」として自動的に追加されている。だが、そのアドレス以外との通信(つまりVPC外部との通信)については設定されていない。そこでデフォルトルートを設定するわけだ。具体的には「ルートの追加」ボタンをクリックし、送信先が「::/0」(=すべてのIPv6アドレス)、ターゲットが「igw-XXXXXXXX」(インターネットゲートウェイ)の1行を追加して、「ルートの保存」をクリックする。

VPCのルートテーブル設定に、IPv6向けのデフォルトルートを設定する。VPC外への通信はすべてインターネットゲートウェイに流す設定だ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2012年
02月
2011年
05月
07月
2010年
08月
09月