前へ 1 2 3 4 5 次へ

Webサイト管理者のための2020年版“IPv6対応入門”第4回

AWSのクラウド環境を使い、VPC+EC2+Route 53で構成したWebサイトのIPv6対応設定を行う

Webサーバーの設定を変更して「IPv6対応サイト」にする【後編】

文●大塚昭彦/TECH.ASCII.jp 監修● 久保田 聡/日本ネットワークイネイブラー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前編記事では、IPv4で運用しているWebサイトを「IPv6対応」にするために必要な設定変更を概観した。続く今回は、実際にAmazon Web Service(AWS)のクラウド環境を利用し、シンプルなテスト用サイトを用意して、それをIPv6対応にする具体的な設定手順を見ていきたい。

IPv6対応テスト用サイトの概要

 まず、今回用意したテスト用サイトの概要は次のとおりだ。

 ●Amazon EC2インスタンス上で動作するWordPressサイト
 ●独自ドメイン名を取得し、権威DNSサーバーに設定済み
 ●現在は“IPv4 Only”環境、IPv6アクセスには非対応

 なお、テスト用サイトの構築には、AWS MarketplaceでBitnamiが提供する仮想マシンイメージ(AMI)「WordPress Certified by Bitnami and Automattic」を利用した。Debian GNU/Linux 10をベースに、Apache+PHP+MySQLのミドルウェア環境でWordPressが動作している。

Webサイトを「IPv6対応」させる作業手順

 今回のテスト用サイトにおけるIPv6対応の手順は、次のようになる。

 (1)仮想ネットワーク(Amazon VPC/サブネット/ルートテーブル)の設定追加
 (2)セキュリティグループの設定追加
 (3)Amazon EC2インスタンスの設定追加
 (4)Amazon Route 53(権威DNSサーバー)の設定追加

 それぞれ設定「追加」と書いたとおり、何か新規に設定するというよりも、すでにIPv4向けに設定されている項目に対してIPv6向けの設定を「追記」していくイメージだ。ここまで本連載で紹介してきたIPv6の基礎を理解していれば、難しい部分はないだろう。AWSコンソールの作業に慣れていれば、作業時間自体は20~30分もあれば十分のはずだ。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2012年
02月
2011年
05月
07月
2010年
08月
09月