3つの機能強化も

「Autoメール名人」に新バージョン、OAuth 2.0に対応

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユーザックシステムは8月20日、RPAツール「Autoメール名人」の新バージョン(7.0.0)を発売した。

 Autoメール名人は、メールの送受信や添付ファイルの圧縮、解凍、メール本文からのテキスト抽出など、さまざまなメール業務を自動化できるソフトウェア。

 マイクロソフトの「Office 365」「Exchange Online」と、グーグルの「G Suite」において、両社はセキュリティー対策として、先進認証(OAuth 2.0)のみをサポートする予定であると発表。

 これにともない、Autoメール名人も今回のアップデートにより先進認証(OAuth 2.0)に対応した。このほかにも、ユーザーの要望を受けて改善を行ない、スケジュール機能やファイル監視機能が追加され、P to E変換オプションに対応している。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
11月