このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

800ANSIルーメンと明るく自宅の動画視聴環境を向上させたい人にオススメ

Android TV搭載ポータブルプロジェクター「XGIMI Halo」レビュー! 単体で動画視聴が楽しめる

2020年08月18日 12時00分更新

文● 中山 智 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バッテリー搭載で完全ワイヤレスで動作する「XGIMI Halo(ジミー ハロ)」

 個人向けのプロジェクターと聞くと、スクリーンなどとあわせて視聴環境を構築するAV機器マニア向けの製品というイメージが強いが、最近ではコンパクトでポータブル機器として手軽に利用できる製品も登場している。+Styleが7月2日から発売を開始した「XGIMI Halo(ジミー ハロ)」も、本体にバッテリーを搭載し、ポータブルで利用できるプロジェクターだ。

Android TV搭載で単体での動画視聴などが可能

 「XGIMI Halo」は、プロジェクターとしての機能のほか、Android TVとしても動作するのがポイント。Android TVにはNetflixなどのアプリが提供されているので、ほかの映像出力機器を接続しなくても、単体で映像コンテンツの再生が可能となっている。

明るい部屋でも視聴できる800ANSIルーメン

 プロジェクターとしてのスペックは、投影解像度が1920×1080ドットで、明るさは600〜800ANSIルーメン。投影方式はDLPで、投影倍率は1.2:1となっており、投射サイズは30〜300インチ以上。投影距離2mで76インチという目安だ。

800ANSIルーメンは、ポータブルプロジェクターとしてはかなり明るい

 一般的なモバイル・ポータブルプロジェクターは、150〜200ANSIルーメンというスペックの製品が多いため、XGIMI Haloの600〜800ANSIルーメンというのは、かなりハイスペック。この数値が明るいほうがくっきりと投射できるし、ある程度回りが明るい環境でも見やすい。

 また投影解像度が1920×1080ドットとフルHDなのも◎。モバイル・ポータブルプロジェクターでは投影解像度が1280×720ドットというスペックも多く、投射サイズを大きくするとややぼやけた印象になってしまう。しかし、XGIMI Haloは明るさと解像度があいまって、ポータブルプロジェクターながら、高品質な映像が楽しめる。

 実際部屋を明るくした状態で投影してみたが、十分視聴できる明るさ。筆者が個人所有している150ルーメンのモバイルプロジェクターは、部屋を真っ暗にしないとぼやけてしまうが、XGIMI Haloは無理に部屋を真っ暗にする必要もないので便利。

試しに天井へ投影。しっかりとした三脚を使えば投影方法は工夫できそう

 ちなみにプロジェクター用のスクリーンへ投影したほうがきれいには映るが、平面であれば白い壁などにそのまま投影しても問題なし。排熱に気をつけて設置方法さえ工夫すれば、天井投影といった使い方もできそうだ。

本体背面

 ただし本体サイズはポータブルプロジェクターとしては大きめで、およそ幅113.5×奥行き145×高さ171.5mm。重量も1.6kgもあるため、気軽に自宅から持ち運ぶというサイズではない。あくまで自宅内での移動や、クルマで出かける際に持って行くといった使い方になる。

本体底面には三脚用のネジ穴があるほか、角度調整用のスタンドもある

 ちなみに本体底面には三脚用のネジ穴が用意されているので、三脚にセットして利用可能。この手のプロジェクターは、アングルの調整などで三脚とセットで使ったほうが便利だか、本体重量があるのでスマートフォンなどで使う簡易的な三脚を使うのは厳しい。レンズ交換式カメラなどで使う、耐荷重をクリアしている三脚を使いたい。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン