このページの本文へ

フォーカスや台形補正に自動対応

手のひらサイズのフルHDプロジェクター「XGIMI MoGo Pro+」

2021年01月25日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プラススタイルは1月25日、ビーラボが販売するフルHD解像度のポータブルプロジェクター「XGIMI MoGo Pro+」の取り扱いを+Styleで開始した。

 XGIMI MoGo Pro+は、最高300ANSIルーメンの高輝度とフルHDの解像度を投影可能で、フォーカス調整と台形補正はXGIMI MoGo Pro+が自動で補正する機能を搭載。

 フル充電時には映像を2~4時間投影可能で、音楽は最大8時間再生できるとのこと。サイズは約105.5×94.5×146mmで、重量は0.9kg。価格は8万80円。

XGIMI MoGo Pro+の主な仕様

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン