このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

末岡洋子の海外モバイルビジネス最新情勢 第255回

サムスン「Galaxy Note20」に感じるちょっとした違和感

2020年08月12日 12時00分更新

文● 末岡洋子 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サムスン電子が夏恒例の「Galaxy UNPACKED」イベントをオンラインで開催した。おなじみのGalaxy Noteシリーズの最新機種「Galaxy Note20」をはじめ、タブレットの「Galaxy Tab S7」、折りたたみ式「Galaxy Z Fold 2」、スマートウオッチ「Galaxy Watch3」、ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds Live」を発表。モバイルデバイスでの王者の技術力を見せた。

今年も夏に発表されたGalaxy Note20 Ultra

最新機能がてんこ盛りの「Galaxy Note20」

 新たに登場した5ラインのうち、注目度が一番高いのはやはりGalaxy Noteシリーズだろう。Sシリーズが「Galaxy S20」となったのに合わせ、こちらも「Galaxy Note20」に。画面サイズは標準モデルで6.7型と、前年モデルのNote10の6.3型からさらに大きくなった(Galaxy Note 10+は6.8型)。大型画面を好むユーザー向けに、さらに上位となる6.9型の「Galaxy Note20 Ultra」も用意した。

 両モデルともおなじみのスタイラスペン「S Pen」が利用可能。S Penは、遅延が9ミリ秒になるなど、さらに強化されている。合わせて、モニター、マウス、キーボードと接続できる「Samsung DeX」がワイヤレス対応となり、Miracast対応デバイスと無線接続できる。

Sペンの性能がさらに上がった

 個人的に気になったのは、オーディオ録音とメモ書きの同期機能、PDFインポート、Samsungアカウントを利用したスマートフォン、タブレット、Windows 10 PCとの連携だ。

 このほか、ペン入力アプリ「Samsung Notes」と「OneNote」「Outlook」「Microsoft Teams」などとの連携も発表された。

 もちろん、カメラ側も強化が図られている。両モデルとも背面に3眼カメラを搭載。特にUltraには1億画素カメラを搭載する。さらに縦横比21:9で24fpsでの動画撮影など、ことスペックにかけては最高峰レベルを実現している。ネットワークはもちろん5Gに対応する。

しかし、1000ドルの5Gスマホには大きな需要はあるのか?

 このように、最新のGalaxy Note20は新しさというよりも、既存機能がパワーアップした内容と言える。気になるお値段だが、Galaxy Note20は999ドル(約10万6000円)、Galaxy Note20 Ultraは1299ドルだ(約13万8000円)。

 問題はこの端末が売れるかどうか。新型コロナウイルス感染症により、いまだテレワーク主体の状況が続き、世界主要国のGDPは縮小の予測が出る中、Galaxy Note20の需要はあるのだろうかという点。世界のオペレーターの中には5Gネットワークローンチを遅らせているところさえもあるのだ。また、家に居られる限りは在宅でという社会の雰囲気の中で、ハイスペックなスマホを“持ち歩く”シチュエーションがどのぐらいあるのかとも思う。

 もっとも、Galaxy Note20の値段自体は極端に高いものではない。現状の5Gスマートフォンが高額(5Gスマホ自体はいずれ下がるだろうが)であり、市場に占める比率もまだまだ低い。Digitime Researchによると、2020年の5Gスマホ出荷台数予測は2億5000万台。全体の20%を占めるという。だがこれを中国と中国以外に分けてみると変わってくる。中国市場の出荷台数予測は1億7000万台で、52.7%を占めているのに対し、中国以外では8230万台、この市場に占める比率は10%以下とのことだ。

 現時点での5Gスマートフォンの平均販売価格(ASP)は、当初からは下がったものの800ドル程度と言われている。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン