このページの本文へ

Razer「Huntsman Mini」

60%小型化したRazerのゲーミングキーボード

2020年08月02日 00時29分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerから、オプティカルスイッチを採用する小型ゲーミングキーボード「Huntsman Mini」シリーズが発売された。価格は1万6979円。

フルサイズキーボードから60%小型化したゲーミングキーボード「Huntsman Mini」シリーズ

 通常のフルサイズキーボードから60%小型化したコンパクトサイズのゲーミングキーボード。ファンクションキー、Homeキー、テンキーなどは備えていないが、2次機能やショートカットからアクセスできる。

 キートップには耐久性のあるダブルショットPBTキーキャップを採用。同時押しは10キーロールオーバー、レポートレートは1000Hzで、1680万色カラーのイルミネーション機能を備える。

リニアオプティカルスイッチ(左)とクリッキーオプティカルスイッチ(右)の2モデルが用意される

 本体サイズは293.3(W)×103.3(D)×36.8(H)mmで、重量は523.3g、ケーブル長は約2.0m。配列は英語でスイッチはブラックでリニアオプティカルスイッチ(押下圧40g/作動距離1.0mm)とホワイトでクリッキーオプティカルスイッチ(押下圧45g/作動距離1.5mm)の2モデルをラインナップする。

 販売しているのはパソコンショップアーク、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中