• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

見習いの魔法使いボルフェスとなり、大魔神ナイキン・ナイキスをこらしめよう!

『ボルフェスと5人の悪魔(MSX版・Windows10対応版)』が『プロジェクトEGG』でリリース!

2020年07月28日 19時50分更新

文● ASCII

 D4エンタープライズは7月28日、同社が運営するレトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』にて、クリスタルソフトのアクションRPG『ボルフェスと5人の悪魔(MSX版・Windows10対応版)』をリリースしたことを発表。価格は、330円となる(キャンペーン終了後は550円)。

以下、リリースを引用

悪魔を召喚できる壺が攻略のカギ!?
『ボルフェスと5人の悪魔(MSX版・Windows10対応版)』配信!

 ボルフェスは、どこにでもいる元気な子供でしたが、ある日ひとりの魔法使いに声をかけられました。「おまえには、100年にひとりという大魔法使いになれる素質があるぞ!」そんな言葉につられて、ボルフェスは魔法使いの弟子になりました。ある日、師匠がボルフェスを呼んでこう言いました。「ボルフェスや、わしの代わりに北に住んでいる大魔神ナイキン・ナイキスをこらしめてきてくれんか?」「えーっ、ぼくが行くんですかぁ?」

 ちゃんと帰ってきたら魔法使いの免許をくれると聞いて、やっとボルフェスは行く気になりました。助けてくれる4人の悪魔の壺を捜しながら、ナイキスがいる、北の国への冒険の始まりです。

 本作は、1987年にリリースされたアクションRPG。プレイヤーは見習いの魔法使いボルフェスとなって、草原、森、砂漠、溶岩地帯、氷の世界、城を舞台などを冒険し、最終的には大魔神ナイキン・ナイキスをこらしめる冒険に出発します。

 ゲームはトップビューを採用。ボルフェスの武器は最初は杖のみですが、冒険を進めるにしたがって、短剣、遠くまで攻撃できる弓、エネルギーを飛ばす水晶の杖、足が早くなるブーツ、稲妻から身を守る防護服など、さまざまなアイテムでパワーアップできます。さらに悪魔の入った壺を入手すれば悪魔を呼び出して敵と戦うことも可能となり、さまざまな戦術が取れるようになります。

 実は本作のゲームデザインは同社の『夢幻の心臓』の作者である富一成氏であり、そのデキはなかなかのもの。ファンの中にはBGMを高く評価する人もおり、本作では軽快で遊び応えのあるアクションRPGを楽しむことができます。

EGGチャンネルにて紹介動画公開中!

【ゲーム情報】

タイトル:ボルフェスと5人の悪魔(MSX版・Windows10対応版)
ジャンル:アクションRPG
メーカー:クリスタルソフト
プラットフォーム:PC
配信日:配信中(2020年7月28日)
価格:330円
※キャンペーン終了後は550円での配信となります。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう