このページの本文へ

履いて走るだけでランニング中の足の動きをデータ化「EVORIDE ORPHE」

アシックス、足の動きをデータ化するスマートシューズ先行予約開始

2020年07月22日 09時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アシックスは7月21日、クラウドファンディングにてスマートシューズ「EVORIDE ORPHE(エボライド オルフェ)」の先行予約を開始した。

 EVORIDE ORPHEは、足の動きをデータ化するセンシングソリューション「ORPHE TRACK」などを開発するスタートアップno new folk studioと共同開発したスマートシューズ。

 ミッドソールの内部に搭載したセンサー「ORPHE CORE」(オルフェコア)によって走行距離やストライド、ピッチや接地角度、着地衝撃などを検出。ベースとなるシューズはアシックスのEVORIDEで、靴底前部にカーブを設け、少ないエネルギーで足を運ぶようにしている。

 履いて走るだけでランニング中の足の動きをデータ化、走り方の特長を可視化し、アシックススポーツ工学研究所の知見を組み合わせて走り方を評価したスコアを算出。ひとりひとりにパーソナライズしたトレーニングメニューを提供するほか、ランニング中にリアルタイムで音声コーチングを受けることも可能。

EVORIDE ORPHEの専用アプリはno new folk studioが開発。対応OSはiOS/Android

 クラウドファンディングはMakuakeにて7月21日から10月18日まで先行予約販売(製品の配送は11月以降)。また、アシックスの一部直営店およびアシックスオンラインストアでの販売も予定。

ブラック×ピュアゴールド、ホワイト×ピュアゴールドの2カラーが用意される(ホワイトはMakuakeのみの展開となり2021年3月頃の配送を予定)

 メンズ(25.5~29.0cm)およびウィメンズ(23.0~26.5cm)で、いずれも価格はセンサーキット付きが3万4650円、センサーキットなしが1万2650円。直営店およびアシックスオンラインストアではそれぞれ3万6300円/1万3200円での販売が予定されている。

 記者発表会では、アシックス 代表取締役社長 COO 廣田康人氏が登壇。「EVORIDE ORPHEは、私共が長年培いました知見およびデータと、no new folk studioのセンシング技術を掛け合わせたスマートシューズです。CES2020でも発表したところ、大変な注目を浴びました。コロナがなかなか収束しませんが、人々の健康に対する思いが強くなってきていると思います。世界中の人々に健康で幸せな生活を送っていただくという創業以来の願いを、新しい技術で実現していきます」と語った。

※本記事は、プロジェクトオーナーのプロジェクトが必ず成功することや、プロジェクトの品質、リターン内容を保証するものではありません。プロジェクト進行中に関するトラブル、返金要求、リターン返品要求はプロジェクトオーナーの責任のもと行なわれます。プロジェクト不成立時には製品が届かなかったり、返金が受けられないなどのリスクがあります。出資は自己責任でお願いします。

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン