このページの本文へ

スポーツ中のインターバルやスポーツ観戦向け

アシックス、ファンを搭載した空冷スポーツウェア「AIR CONDITION WEAR」

2020年07月03日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「AIR CONDITION WEAR(エアーコンディションウエア)」

 アシックスは7月3日、小型のファンを搭載し新鮮な空気を衣服内に送り込むなど、クーリング機能を持たせたスポーツウェア「AIR CONDITION WEAR(エアーコンディションウエア)」を、アシックス原宿フラッグシップ、アシックスオンラインストアで発売した。価格は2万9700円。サイズはS、M、L、XL、2XL(アシックスオリジナルサイズ)を展開。

スポーツ向けの機能を搭載

 本製品は、同社のスポーツに関する知見を活かしてセフト研究所とともに新たに開発したもので、セフト研究所・空調服の技術を使用している。スポーツ中のインターバルやスポーツ観戦におすすめとしている。腰部に2基の小型ファンを搭載したのが特徴で、外気を衣服内に取り込み、首元や袖口から排出する設計。乾電池式BOXで作動し、ファンの風量は強・弱の二通りで調整できる。

 空気流通経路を形成することで汗を気化させるとともに、湿った温かい空気を効率よく逃がす仕組みで、外気温と同等まで上昇するといわれる衣服内温度と湿度を下げることが期待できるという。

 また、熱を感知する神経が集中する手を冷やすことで体全体が冷たく感じる「ハンドクーリング理論」を応用した機能構造を組み入れている。前身ごろの両サイドにスリットを施しており、手を差し入れることで衣服内に流れる新鮮な空気に触れ、涼感を得られるとしている。スリットの内部は、手の水分が速やかにぬぐえるパイル生地を採用。

 カラーは、ブラックとホワイトの2タイプ。裾や衿を開けて衣服内の空気を放出することで衣服内が膨らみにくく、手や首元の涼しさがアップし、スタイリッシュに着こなせるとしている。

 アシックススポーツ工学研究所は、姫路獨協大学医療保健学部の大谷秀憲教授の監修により、テニス選手による実証実験を実施。真夏の環境を想定し、人工気象室内を室温33度、相対湿度65%に設定して、2回の運動テスト(合計60分)を行なった。その間の休憩5分間(前インターバル)と、運動後の回復10分間(後インターバル)に、それぞれ本製品を着用し、効果を検証した。

 その結果、本商品を着用して休憩および回復したときのほうが、Tシャツと比べて、1度から1.5度の平均皮膚温の上昇が抑えられていたという。また、心拍数は、運動後の回復において、Tシャツよりも低く抑えられており、さらに、温熱感の抑制と快適感の向上がそれぞれ認められたとする。

 これらの結果は、本商品をインターバルに着用することで、効果的な身体への冷却作用が期待でき、その後の運動をより快適に行ないやすくできることを示すという。

Tシャツと「AIR CONDITION WEAR」着用による平均皮膚温の変化
*:休憩5分間における条件間の統計的有意差(P<0.05)
†:回復10分間における条件間の統計的有意差(P<0.05)

「AIR CONDITION WEAR」着用におけるファン電源OFF(左図)とON(右図)のウェア表面温度分布(左わき腹の青色部分は、電源バッテリーによる影響)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン