このページの本文へ

au、OPPOの5G対応最新フラグシップ機「Find X2 Pro」を発売

2020年07月16日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、10億色の色彩表現が可能で120Hzのリフレッシュレートにも対応した有機ELディスプレーを搭載するOPPO製ハイエンド5Gスマホ「OPPO Find X2 Pro OPG01」を7月22日に発売する。端末価格は9万2040円で、13~25ヵ月目に端末を下取りに出す「かえとくプログラム」適用時の負担額は5万5200円となる。

オレンジの背面はヴィーガンレザー

美しいデザインと120Hz対応の有機EL
そしてカメラもソニー製の大型センサーと最強クラス

 OPPO Find X2 Proは、グローバルでもリリースされているOPPOのフラグシップ機で、国内ではau限定モデルとなる。前述した10億色の表現、120Hzのリフレッシュレートに対応した有機ELディスプレーは6.7型で、解像度は1440×3168。HDR映像をDolby Atmos対応のステレオスピーカーと組み合わせて楽しむことが可能。また、「モーションクリア」機能では、30fps以下の映像でも高フレームレートに補正することで滑らかに再生してくれる。

ブラックはセラミック

 カメラももちろん強力で「ウルトラビジョンカメラシステム」と名付けられた3眼構成のアウトカメラは、1/1.4型で4800万画素という大型センサーのソニー製「IMX689」をメインに、120度の画角を持つ4800万画素の超広角カメラ、10倍ハイブリッドズームやデジタル60倍ズームが可能なペリスコープ型の1300万画素望遠カメラという組み合わせ。

1/1.4型ソニー製センサーやペリスコープ型の望遠カメラなどを搭載

 基本スペックももちろんハイエンド級で、Snapdragon 865、12GBメモリー(LPDDR5)、512GBストレージ、4260mAhバッテリー、Wi-Fi 6、Android 10(ColorOS 7.1)など。なお、防水・防塵には対応するが、おサイフケータイは非搭載。バッテリーは65Wの急速充電に対応し、約38分でフル充電が可能。5Gネットワークはサブ6対応で、最大通信速度は下り3.2Gbpsとなっている。

 カラバリはブラックとオレンジの2色。ブラックの背面はセラミック素材で、オレンジはヴィーガンレザー。製品の雰囲気だけでなく、厚みや重量のスペックも異なっている。

こちらはオレンジの背面

au「OPPO Find X2 Pro OPG01」の主なスペック
メーカー OPPO
ディスプレー 6.7型有機EL(19.8:9)
画面解像度 1440×3168
サイズ 約74×165×8.8mm(ブラック)
約74×165×9.5mm(オレンジ)
重量 約217g(ブラック)
約200g(オレンジ)
CPU Snapdragon 865
2.8GHz+2.4GHz+1.8GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 12GB
内蔵ストレージ 512GB
外部ストレージ ×
OS Android 10(ColorOS 7.1)
5G最大通信速度 下り3,2Gbps/上り183Mbps
5G対応周波数 サブ6
無線LAN Wi-Fi 6
カメラ アウト:約4800万画素(F値1.7)
+約4800万画素(超広角、F値2.2)
+約1300万画素(望遠、F値3.0)
/イン:約3200万画素(F値2.4)
バッテリー容量 4260mAh
FeliCa/NFC ×/○
ワンセグ/フルセグ ×/×
防水/防塵 ○/○(IPX8/IP6X)
生体認証 ○(画面内指紋、顔)
USB端子 Type-C
連続通話時間 約1660分
連続待受時間 約540時間
カラバリ ブラック、オレンジ
発売時期 7月22日
 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン