このページの本文へ

大規模なシステム実証を実施

NEC、本社ビルにマスク対応顔認証やレジレス決済を導入

2020年07月13日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NEC Digital IDゲートレスエントランス

 日本電気(NEC)は7月13日、New Normal(ニューノーマル)時代の新しい働き方をデジタルトランスフォーメーション(DX)の力で実現するデジタルオフィスのプロジェクトを発表。今回、新たな取り組みとして、生体認証や映像解析などの先進ICTを活用し、ゲートレス入退システムやマスク対応レジレス店舗などの様々なシステム実証をNEC本社ビル内にて同日から開始した。

 NECでは、グループ社員約10万人を対象に、従来よりリモート環境での働き方を実現するDigital Work Placeの社内基盤を構築するとともに、DXの開発実績・ノウハウを活かし、企業・組織のデジタルシフトを加速する製品・サービスの提供を進めている。今回、新たな局面を迎えた社会環境の中、オフィスで働く環境として見えてきた課題への対応として、生体認証や映像解析などの先進ICTを活用したNew Normal時代の新しい働き方を実現する様々なシステム実証を開始した。

 本実証は、生体認証による共通のDigital IDで様々なシステムをつなぎ、社員やユーザーに対して安全かつ快適なサービスを実現する認証基盤を活用しており、New Normal時代に対応したオフィス環境を評価・検証するもの。

 本取り組みでは、ショールーム入口と正面玄関入口に、顔認証用カメラやサーマルカメラを活用した2種類の入退管理ソリューション「NEC Digital IDゲートレスエントランス」「NEC Digital ID入退場ゲート」を導入した。

NEC Digital IDゲートレスエントランスは通行者の体表面温度を自動測定する

 NEC Digital IDゲートレスエントランスは、マスクを着用した状態でも複数の人を同時に検出・照合し、入場ゲートや警備員によるセキュリティーチェックで立ち止まることなく本人確認が可能。さらに、通行者の体表面温度を自動測定しており、感染症対策も同時に実施できる。これにより、オープンな雰囲気をつくりたいオフィスや施設のエントランス等で安全性と運用の効率性を両立した入退管理が可能としている。

NEC Digital ID入退場ゲート

 また、NEC Digital ID入退場ゲートは、物理的なフラッパーゲートの設置や既存のセキュリティー環境との連携など、より厳格な入退管理の仕組みを実現するという。

個々の社員に割り振られた幾何学模様を表示し、自身が正しく認証されていることを本人のみに知らせるシステム

 なお、両ソリューションともにプライバシーに配慮し、社員個人の情報を守る仕組みとして幾何学アバターを採用。認証時に氏名や社員番号などを表示せずに個々の社員に割り振られた幾何学模様を表示することで、自身が正しく認証されていることを本人のみ知ることが可能だ。

マスク対応レジレス決済

 また、社内売店にマスク対応レジレス決済を導入。店舗内に設置したカメラや映像認識技術などを組み合わせ、レジを通さず手に取った商品を自動で決済可能なレジレス型店舗システム。マスク着用時でも顔認証で本人を照合可能なため、感染症対策としての安全性とスムーズな購買体験を両立するという。

NEC Digital ID決済POS

 社内売店には、「NEC Digital ID決済POS」も導入。パターン認証と顔認証の2要素認証により、POS端末など既存の店舗システムともシームレスに連携する。今回の実証では、マスク着用時における本人確認や、給料天引きやクレジットカード支払いの2つの決済方法にも対応している。

NEC マスク着用検知

 通路には歩行者のマスク着用の有無を人物検知カメラで自動的に判定し、未着用の場合は本人に対してその場で通知する「NEC マスク着用検知」を設置。これにより、人が集まりやすい場所や厳重な安全管理が求められるイベントなどでのマスク着用を徹底する。

NEC 居場所お知らせガイド

 業務エリアには、映像解析技術を活用した「NEC 居場所お知らせガイド」を導入。指定した社員の作業場所をスマートフォンなどからフロアマップ上でリアルタイムに把握できる。また、フロア全体の混雑状況なども一目で分かるため、フリーアドレスにおける利便性・生産性向上につながるという。

NEC 混雑状況可視化

 食堂、エレベーターホールなどには、混雑状況を映像解析技術で可視化する「NEC 混雑状況可視化」を設置し、自席のPCなどからリアルタイムで人数や混雑度などの状況を簡単に確認できる。これにより、混雑分散による待ち時間の短縮や密状態の回避を図る。

顔認証を活用したロッカー、自動販売機、自動ドア、複合機、共有PC利用システム

 また、業務エリアなどに、顔認証を活用したロッカー、自動販売機、自動ドア、複合機、共有PC利用システムを導入。本人の同意のもと事前に登録した顔データに基づき、様々なシーンで顔認証を活用したタッチレスによる効率化を実現したという。具体的には、鍵を持たずに荷物の一時保管が可能な「NEC Digital IDロッカー」や、安全かつスムーズなキャッシュレス決済が可能な「Digital ID自動販売機」を新たに導入。また業務用のフロアでは、顔を向けるだけで厳格なエリア入場管理を行なう顔認証自動ドアや、パスワード入力や社員証を用いることなく簡単に利用可能な顔認証複合機・共有PCを設置した。

NEC Digital ID ゲストウェルカムサイネージ

 会議室エリアにはICTを活用した来客へのおもてなしとして、来訪時の顔認証によるお出迎えメッセージ(名前、会議室情報など)の表示機能や、ちょっとした空き時間に楽しめる笑顔測定を活用した写真撮影の機能などを組み合わせた「NEC Digital ID ゲストウェルカムサイネージ」を設置。なお、客の来訪時に面会予定の社員のスマートフォンにリアルタイムで通知されるため、スムーズな案内が可能という。また、氏名・顔写真・所属部署などの社員情報をデジタル化し、スマートフォンを用いてタッチレスで社員と客との名刺管理が可能なオンライン名刺管理ソリューションも開発し、社員と客との安全かつスムーズな対面によるコミュニケーションを実現するという。

 NECは、これらの実証の成果・ノウハウを踏まえ、2020年度内を目途に順次各ソリューションの提供を開始する予定。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ