このページの本文へ

Razer、4K有機EL搭載モデルなど「Razer Blade Stealth 13/Blade 15」を国内投入

2020年06月17日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Razer Blade Stealth 13

 Razerは6月17日、ゲーミングノートパソコン11製品の国内販売を発表した。6月19日より順次発売する。

 いずれもRazer国内正規流通代理店のデジカを通じ、日本向け公式オンラインストア「RazerStore.com」やAmazon.com、TSUKUMO、ドスパラ、パソコン工房、パソコンSHOPアーク、ビックカメラグループにて発売する。主な機種は以下のとおり。

 「Razer Blade Stealth 13」は薄型軽量かつ高速な13.3型ゲーミングノートパソコン。第10世代インテルCore i7搭載モデルやNVIDIA GeForce GTX 1650 Ti搭載モデルも用意される。ディスプレーはリフレッシュレート120HzのフルHD液晶に加え、4Kタッチディスプレーも選択可能。Razer Core X Chromaなどの外部グラフィックス エンクロージャーや外付けディスプレーにも対応する。2モデルが用意され、120HzフルHDディスプレー搭載モデルが23万8800円、4Kモデルが26万2800円。

Razer Blade 15 ベースモデル

 「Razer Blade 15」は第9世代Core i7または第10世代Core i7プロセッサーを採用し、NVIDIA GeForce RTXシリーズを搭載。リフレッシュレート144Hz液晶パネルを搭載する「Razer Blade 15 ベースモデル」と、300Hz液晶の「Razer Blade 15 アドバンスドモデル」の2タイプ。さらにベースモデル/アドバンスドモデルそれぞれに高い色表現が可能な4K有機ELディスプレー搭載モデルも用意される。

Razer Blade 15 アドバンスドモデル(4K有機EL搭載)

 Razer Blade 15 ベースモデルは4機種が用意され、価格は21万8800円から。Razer Blade 15 アドバンスドモデルは3機種が用意され、価格は33万9800円から。

 Razer Blade 15にはさらにハイエンドの「Razer Blade 15 STUDIOモデル」もラインアップ。グラフィックスにNVIDIA Quadro RTX 5000を搭載し、ディスプレイは4K有機ELタッチディスプレーを搭載。価格は54万9800円。

Razer Blade 15 STUDIOモデル

 RAZER Blade 15のベースモデル(第9世代Coreプロセッサー搭載)は6月19日発売、それ以外は6月26日発売となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン