このページの本文へ

ネットを安全に使うために気をつけること

2020年06月19日 09時00分更新

文● せきゅラボ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ネットの安全について見直そう

 6月は「インターネット安全月間」とされている。もともとは、夏の始まりにオンライン上のサービスを利用する子供たちが増えるため、家庭でインターネットの安全性を話題にするのに理想的なタイミングだと考えられていたものだ。

 現在の社会情勢は、以前と大きく変わってしまっている。世界中で多くの人が自宅にいるような生活様式となり、結果的に、以前よりもオンラインでいることが増えているだろう。

 これからの生活の中でインターネットを安全に使うために、気をつけることはなんだろうか?

 まずは、セキュリティ ソフトウェアなどを使用し、デバイスや個人情報を保護するのは基本中の基本だ。その上で、最近のサイバー犯罪の流行をおさえておく必要がある。そうすれば、攻撃を未然に防ぎやすくなる。

 たとえば、正規のサービスなどをよそおったメールで、ニセのサイトに誘導させ、クレジットカード情報やログイン情報(IDとパスワードなど)を盗み出す「フィッシング詐欺」。

 最近では、マスクの在庫が不足していたときに、マスクを特別に販売するとうたう手口があった。また、入手困難なグッズやスマートフォンをプレゼントするとうたうような、キャンペーンを騙ったものも多い。サイバー犯罪は、今日のトレンドをたくみに取り入れてくるのだ。

 入手しにくいものが手に入ると考えると、油断してしまう面もあるだろう。メールで送られてきたならメールアドレスは正規のものか、サイトにアクセスをうながされたのならウェブアドレスが正規のものであるか、しっかり確認しておきたい。

 一方、家でのインターネットを利用する機会が増えている点にも目を向けてみよう。PC、スマホ、タブレットといった、家族が接続しているすべてのデバイスと、そのセキュリティを確認しているだろうか。このあたりの見直しも忘れてはならない。

 とくに見落としがちなのがIoTデバイスだ。デバイス名やWi-Fiパスワードをデフォルトから変更し、最新のパッチなどを適用する、バージョンアップの情報などをチェックするなどの対策を欠かさないようにしたい。

 ちなみに、これを機会に、仮想プライベート ネットワーク(VPN)を検討してもよいだろう。ネットワーク上のデータのセキュリティと暗号化を強化できる。まだ外出する機会は少ないかもしれないが、事態が収束したあと、公衆Wi-Fiなどを利用するときに利用したいツールだ。

使う人のリテラシーがますます大事になってくる

 なお、オンラインであっても、多くの人と交流する、あるいは、不特定多数の人が自分の発信を目にする機会があることを忘れてはならない。安全にネットを利用するには、リテラシーが必要だ。

 とくにSNSでは、シェアやリツイートのボタンを押すだけで、誤った情報がどんどん広がってしまう可能性もある。一人一人がそれを防ぐように行動しなければならない。

 なにかショッキングな話題を見つけても、ソース(情報元)を確認すること。、複数のソースにあたったり、公的機関の情報であるかどうかをしっかりチェックしたりすることが肝心だ。

 このあたりは、もし、保護者の立場であれば、とくに気をつけなければならない。子供に対して、セキュリティに対するさまざまな設定をするのは簡単だが、子供側が解除することも可能だ。「なぜ、この設定をするのか」「なぜ、こういうことをしてはいけないのか」をよく話し合う必要があるだろう。

 子供の健康に関する情報を提供する海外のニュースサイト「Verywell Family」は、子供向けのインターネットエチケット(英文)に関する記事をまとめている。このような記事を参考にするのもよいかもしれない。

 一人ひとりが役割を果たすことで、多くの人たちがインターネットを安全に使うことができるはず。McAfee Blogの「インターネットを安全に使うために、ひとりひとりができること」を紹介しよう。(せきゅラボ)

※以下はMcAfee Blogからの転載となります。

インターネットを安全に使うために、ひとりひとりができること:McAfee Blog

 今回はインターネットが私たちにとってどれほど重要であるかを考えてみたいと思います。単なるインターネットではなく、”より安全なインターネット”について考えてみましょう。

 6月はインターネット安全月間です。なぜ6月なのかというと、もともとは、夏の始まりにはオンライン上のサービスを利用する子供たちが増えるため、家庭でインターネットの安全性を話題にするのに理想的なタイミングだと考えられ、始まりました。現在、世界中の何百万人もの人々が、自治体や企業から自宅にいるようなガイドラインにより、以前よりもオンラインでいることが増えています。そのため、2020年はインターネット安全月間に注目することはとても重要なのです。私たちはより多くのオンラインでの作業、より多くのオンラインでの遊びや娯楽、そしてより多くのオンライン教育を行なうことで、インターネットが日々の生活の基礎へと変化しています。

 確かに、私たちはインターネット上でますます数を増やしています。安全なインターネットは良いものではなく、それは必要不可欠です。そして、それを実現するために私たちひとりひとりができることがたくさんあります。

より安全なインターネットにするためのひとりひとりの役割とは

 より安全なインターネットというのは、個人の手に負えないように思えるかもしれませんが、実は私たちひとりひとりが大きな役割を果たすことが可能です。毎日インターネットにアクセスするメンバー、投稿者、参加者として、私たちの行動はインターネットをより安全な場所にすることができます。

 では、具体的には何ができるでしょうか? 今月は少し時間を取って、次の3つのカテゴリとそれに続く質問について考えてみてください。これらにより、インターネットの安全性についての考え方や、自分自身や他者のインターネットの利用をより安全にする方法を理解するのに役立ちます。

1. インターネットセキュリティ–デバイスを安全に保つにはどうすればよいですか?
2. インターネットの安全性-自分と家族を安全に保つにはどうすればよいですか?
3. インターネット倫理–あなたはオンラインで、他者に対してどのようにふるまっていますか?

1.インターネットセキュリティー

 デバイスを安全に保つにはどうすればよいでしょうか? -デバイスの安全性は、それを確実にするための手順を踏めば、比較的簡単です。包括的なセキュリティーソフトウェアでデバイスを保護したり、家の中で接続されているすべてのデバイスを保護するインターネットルーターを使用したり、ソフトウェアを更新したりパスワードマネージャーを使用して強力なパスワードを使用したりできます。

 言い換えれば、インターネットのセキュリティーは、家のメンテナンスのもうひとつの側面なのです。芝生を刈ったり、煙探知器の電池を交換したり、暖房システムのフィルターを変更したりするのと同じように、家のコンピューター、タブレット、電話、接続されたデバイスの世話をする方法もほとんど同じです。彼らはあなたの定期的なケアとメンテナンスも必要とします。繰り返しになりますが、優れたセキュリティーソフトウェアは、これを自動的に、または比較的簡単な作業で処理できます。

 デバイスのセキュリティーの管理をどこから始めればよいかわからない場合は、自宅でITプロフェッショナルになる方法についての記事をご覧ください。基本を各ステップに分解することでプロセスを簡単にし、その過程で自信が持てるよう説明された記事です。

2.インターネットの安全性

 自分と家族を安全に保つにはどうすればよいでしょうか? -これには個人情報の盗難個人データのプライバシーネットいじめスマホなどの利用時間について子供用のスマホをいつ渡すかや、オンライン詐欺を見分ける方法などのとトピックが伴います。個人情報を暗号化するID盗難防止サービスや仮想プライベートネットワーク(VPN)などのこれらの懸念事項を支えるツールに加えて、ペアレンタルコントロールソフトウェアや組み込みのブラウザーアドバイザーなどの子供がオンラインで安全に利用できるようにするアプリもあります。

 ただし、インターネットの安全性はデバイスを超えています。車の運転と同様に、オンラインの安全性の多くは私たちの行動と適切な判断に依存しています。たとえば、ある調査ではサイバー攻撃全体の91%がフィッシングメールから始まり、ユーザーが実際に考えたリンクをクリックして攻撃の犠牲者となることがわかっています。研究はこれを裏付けています。ミシガン州立大学の刑事司法教授、トーマス・ホルト氏は、「個人の特性は、サイバー犯罪がどのように行なわれているかを研究する上で非常に重要です。とくに、個人の衝動性と、オンライン中に彼らが従事し、彼らのリスクに最も大きな影響を与える活動です。」と述べています。詐欺師は消費者の悩みや弱みを突き、メールやWebを利用しクリックを促すことで攻撃を仕掛けています。

 以上を踏まえて、安全性を維持できる行動に関する一般的なガイダンスをいくつか示します。

・フィッシングメールに注意してください。メールの「差出人」アドレスがわずかに変更されたブランド名のように見える場合や、まったく不明なソースである場合は、メッセージを操作しないでください。

・正当な企業からのメールであると主張するメールは要注意です。ログイン認証情報の確認を求めるメールを受け取った場合は、会社のウェブサイトまたはアプリに直接アクセスしてください。リクエストの正当性を判断するには、そこでアカウントのステータスを確認できる必要があります。

・検索するときは、クリックする前に結果をよく見てください。クリックするウェブサイトが正当かどうかというのを少し考えてみましょう。見知らぬURL、見慣れない名前、文字や単語が追加されている見慣れたブランド名、または単に適切でないと感じる説明など、何等かの兆候がないでしょうか。その場合は、クリックしないでください。さらに、先に述べたように、安全に検索およびサーフィンができる組み込みウェブアドバイザーを使用してください。クリックする前に、既知のリンクまたは疑わしいリンクを明確に見分けます。

 これらはほんの一部の例にすぎませんが、主旨は伝わると思います。私たちがオンラインにいるときは、誰もが慎重になる必要があるのです。これらの行動は彼らにとって新しいことかもしれませんが、私たちの子供たちやもっと年上の私たちの両親にも当てはまります。

 さらに、これらの動作が非常に重要である理由自体が彼らにとって新たに知ることかもしれません。彼らは単にそこにあるリスクや詐欺に気づいていないだけかもしれません。 その場合、最善の保護は会話から始まります。そこに存在するリスクに光を当て、旅行中に出くわすであろう不審なリンクやメールに批判的な目を向ける手助けをします。 それは、包括的なセキュリティーソフトウェアに加えて、それらを安全に保つのに役立ちます。

3.インターネット上の倫理

 あなたはオンラインで、他者に対してどのようにふるまっていますか? -安全なインターネットの大部分は私たち自身にかかっています。具体的には、お互いをどのように扱うか、そして友人、家族、そしてより広いインターネットに自分自身をどのように投影するかです。書かれた言葉や投稿された写真を介してオンラインで行なわれるコミュニケーションの多くは、私たちひとりひとりの周りに風土を作り出し、それは高揚する空気を取り込んだり、ネガティブな状況の中であなたを悩ませたりします。さらに、とくにソーシャルメディアでは、多くの人が見ることができるようになっている、という点も特徴です。

 インターネット安全月間は、あなたのインターネット上のふるまいを振り返り、考える絶好の機会です。基本的なエチケットから始めるのが良いでしょう。Verywell Familyは、子供向けのインターネットエチケットに関する記事をまとめました。読んでみると、みんなに良いアドバイスを提供していますのでご紹介します。要約すると、彼らのアドバイスは5つの重要なポイントに焦点を当てています。

1.他の人に対して、あなたがされたくないようなことはしない

 これが「ゴールデンルール」です。これは、私たちの生活の他のあらゆる側面と同じようにオンラインでも適用されます。

2.メッセージと投稿を前向きで誠実に

 無礼な言葉を投げかけたり、皮肉や噂などを投稿するのは避けましょう。

3.送信する前にメッセージを再確認

 とくに、人々があなたの表情を見たり声のトーンを聞いたりできない場合は、書いた内容が誤って解釈される可能性がないかどうかを良く確認してから送信しましょう。

4.友達の信頼を裏切らない

 その写真や投稿について考えてください。知っている誰かを恥ずかしめたり、共有されることを意図していないものを共有してはいないか、よく考えましょう。

5.オンライン上での争いを避ける

 卑劣な、失礼な、またはその他の害を及ぼす会話を丁寧に終了するタイミングを学びましょう。

 もちろん、これらは、悪意のあるコメントや悪意のあるコメントを投げつけるオンライントロールなど、悪意のある行動で誰かがあなたを狙ったときに何をすべきかにも生かせるでしょう。それ自体がトピックとしてテーマにもなっています。インターネットトロールに関する記事でその取り扱い方法を確認いただけます。繰り返しになりますが、アドバイスは家族全員にとって素晴らしいものです。

より安全に…段階的に

 この記事ではかなりの情報を共有し、たくさんの役立つリンクも載せました。すべてに一度に対処する必要があると考えなくても大丈夫です。現況を確認し、改善したい点についてメモしましょう。次に、優先順位をつけ作業を開始します。毎週数分セキュリティーに専念することで、セキュリティー、安全性、知識を大幅に向上させることができます。

更新を続けましょう

 安全にデジタルライフを送るためのセキュリティーのヒントと傾向については、ニュース等に注意を払い、常に新しい情報を知ることが重要です。また、Twitterで、ぜひ@McAfee_JP@McAfee_JP_Secをフォローしてください。

※本ページの内容は2020年6月3日(US時間)更新の以下のMcAfee Blogの内容です。
原文:Internet Safety Begins with All of Us
著者:Judith Bitterli

※本記事はアスキーとマカフィーのコラボレーションサイト「せきゅラボ」への掲載用に過去のMcAfee Blogの人気エントリーを編集して紹介する記事です。

■関連サイト

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

マカフィーは大切なものを守ります。