このページの本文へ

ランナー向け機能を搭載

JVC、スポーツ向け完全ワイヤレスイヤホン「HA-AE5T」など2モデル

2020年05月18日 17時50分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スポーツ向け完全ワイヤレスイヤホン「HA‐AE5T」

 JVCケンウッドは5月18日、JVCブランドのランナー向け「AE(Athlete Evolved)」シリーズより、完全ワイヤレスイヤホン「HA‐AE5T」、リモコン部のないケーブルタイプのワイヤレスイヤホン「HA-AE1W」の2モデルを発表した。価格はオープンで、市場想定価格はHA-AE5Tが1万6500円前後、HA-AE1Wが11000円前後。6月上旬より発売する。

ケーブルタイプのワイヤレスイヤホン「HA-AE1W」

 本製品は、ランニングやトレーニング中のイヤホン使用におけるストレス要因を改めて見直し、スリムなコンパクト設計でランニング時の空気抵抗や風切り音を低減する「Aero Slim Design(エアロスリムデザイン)」を採用。また、イヤホン本体をラバー調の素材で囲むことで、すべりにくく、着脱時などの落下を防ぐとする。カラーは、ブルー、ブラック、グレーの3種類をラインアップする。

 耳孔への圧迫感を抑える新形状により長時間の装着でも疲れにくいというストレスフリーイヤーピースをで採用。遮音性に優れた標準イヤーピースに加え、屋外使用での安全性に配慮し、周囲の音が聞こえやすい低遮音イヤーピースも付属する(各3サイズ)。低遮音イヤーピースは、自宅でテレワーク時、リモート会議での通話に使用する際にも、チャイム音や電話の着信音などが聞きとりやすいという。

 さらに、高性能LDSアンテナによる安定したワイヤレス接続を実現するとともに、軽いタッチで操作できるフィードバック音付きのタッチコントロールや、イヤホンを着けたままで会話が可能なタッチ&トーク機能などの新たな機能を追加した。

 ボリューム調整、再生/一時停止、曲送り/曲戻し、電源のオン/オフやBluetoothのペアリング等の操作が可能。また、スマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応する。イヤホン本体はJIS保護等級5級(IP55)相当の防水・防塵性能を備える。

HA‐AE5T

 HA‐AE5Tのみの特徴として、左右独立伝送により音切れに強く、低遅延を実現するQualcomm TrueWireless Stereo Plusに対応。また、高音質コーデックAAC、Qualcomm aptX audioをサポートする。イヤホン本体で約9時間の連続再生と、充電ケースによるフル充電を合わせて最大27時間の長時間再生が可能で、10分の充電で約1時間の再生が可能なクイック充電に対応する。

HA-AE1W

 HA-AE1Wは、バッテリーやリモコン機能をイヤホン本体に集約し、リモコン部のない構造。ケーブルの被覆部分に微細な溝を入れることで摩擦を抑え、体や服に絡みにくく、タッチノイズを低減する「グルーヴケーブル」を採用するほか、ケーブルの長さを調節できるケーブルアジャスターによりフィット感を高め、ランナーのストレスを軽減するという。最大11時間の連続再生が可能で、10分の充電で約70分再生可能なクイック充電にも対応する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン