このページの本文へ

熊本市における配達機能を持たない飲食店の出前が可能に

出前館、出前パートナーが料理を配達する「シェアリングデリバリー」を熊本市で開始

2020年05月18日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 出前館は5月18日、配達機能を持たない飲食店の出前を可能にするサービス「シェアリングデリバリー」を熊本県熊本市で開始した。配達パートナーはYAMAPRO。なお、熊本県での配達パートナーによるシェアリングデリバリーは今回が初とのこと。

 シェアリングデリバリーは、出前館が連携した配達機能を、複数の加盟店舗でシェアすることで、配達機能を持たない飲食店でも出前が可能になるサービス。2017年から本格的に開始し、関東・関西を中心に、北海道・宮城県・愛知県・広島県・福岡県において展開している。

Cafe&bar ICOCAで出前注文できるメニュー例

鶏王で出前注文できるメニュー例

 今回の熊本県熊本市でのサービス展開により、オムライスが人気だというカフェ「Cafe&bar ICOCA」や、から揚げ店「鶏王」など、熊本市のさまざまなジャンルの飲食店において出前注文が可能になる。

YAMAPRO代表 山邊翔太氏

 また、配達パートナーであるYAMAPROは、出前館に加盟している熊本市のハンバーガーショップ「GET BUREGUR」を運営していた山邊翔太氏が設立した合同会社。熊本市にはピザや寿司などの出前はあるものの、日常食のラインナップが少なく、山邊氏はハンバーガーを中心に弁当の出前を自社で開始していたという。そうした背景と「より熊本を元気に」「飲食店にニーズのある出前を広げていきたい」という想いのもとYAMAPROを設立し、シェアリングデリバリーを実施するに至ったとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ