このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

「VIVE Cosmos Elite」で「Half-Life: Alyx」など注目の最新VRゲームがどれだけ快適に遊べるか徹底検証してみた!

2020年06月02日 11時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトラハッチ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レースシムは重量級「Automobilista 2」

 最後は最近登場したレースシム「Automobilista 2」で試してみよう。以前試した「Project Cars 2」と同様に非VR環境でもVRでも楽しめるゲームだ。

 画質は全設定を「Low」とし、解像度はフルHD(1920×1080ドット)とした。ここでいう画面解像度とはVRヘッドセットではなく、メインのディスプレーに表示されるゲーム画面の解像度だが、解像度設定とVRヘッドセット内の解像度がリンクする。解像度をVRヘッドセットに合わせてしまうと重くなってしまうため、画質と軽さのバランスでフルHDとした。

 テストは“Kansai Circuit”でレースを行ない、最も描画負荷が高くなるスタート直後から2000フレームまでのフレームタイムを、リプレイ再生中にチェックした。天候は雨天としたので、雨粒や水煙などのエフェクトが重なり負荷は高い。リプレイ時は実際のプレイ中よりも若干フレームタイムが増えてしまうため、グラフの数値よりも1ms程度下を見ておけばよいだろう。

「Automobilista 2」ではレースのリプレイを観察しながらフレームタイムをチェックした

ゲーム側の画質設定は解像度フルHD、画質は全部Lowとした

●レンダリング解像度=50%の場合

RTX 2080 Tiのフレームタイミング。これまでのゲームと違い11mm近くまで出ているフレームもあるが、概ね9ms〜10ms程度

RTX 2070 SUPERのフレームタイミング。11msを越えるフレームがボチボチでるが、リプロジェクションはスタート直後のみ発生

RTX 2060のフレームタイミング。画質Lowでも13〜17ms程度必要とするので、画面の細部にブレがハッキリと見えるようになる

●レンダリング解像度=100%の場合

RTX 2080 Tiのフレームタイミング。11ms以内で終わるフレームと、そうでないフレームが交互に出る。CPUのフレームタイムもかなり長めな点に注目したいところ

RTX 2070 SUPERのフレームタイミング。17〜22msなので計算上は45fpsだが、VRヘッドセット内では補完が効くため、それほどカクつきは感じられない

RTX 2060のフレームタイミング。グラフの縦軸をオーバーしているが、ヘッドセット内のフレームタイムのモニタリングだと24msあたりを示していた

●レンダリング解像度=150%の場合

RTX 2080 Tiのフレームタイミング。14ms前後の部分と17ms程度の部分が交互に出現

RTX 2070 SUPERのフレームタイミング。22〜23ms前後で安定。レンダリング解像度100%設定時にはほとんど出なかったリプロジェクションが多量に出ている点に注目

RTX 2060のフレームタイミング。グラフが真っ青だがGPUのフレームタイムは30ms強といったところ。リプロジェクションが出ているフレームはそう多くないように見えるが、プレイ中の違和感は一番厳しい

 Automobilista 2にせよ、以前試した「Project Cars 2」にせよ、メインのディスプレーに描画しつつVRヘッドセットにVR用の映像を送り込んでいるため、フレームタイムが長くなってしまうのは仕方がないところ。今回試した環境だと、RTX 2080 Ti以外は結構厳しい。ただ、レンダリング解像度50%設定だとアラが見えるので、若干のフレームタイムは犠牲にしても100%に近づけるようにした方がよいと感じた。

 このAutomobilista 2で面白いのは、GPUのフレームが11msをオーバーするようになると、画面の至るところに「ブレ」が出ることだ。上手く画面キャプチャーできなかったので説明が難しいが、車のAピラーやステアリングやHUDの輪郭が、振動しているように描画されるようになる。VIVEシステム側のフレーム補完機能によるものと推察されるが、このゲームだと車の振動と錯覚しやすいので、フレームタイムが少々オーバーしても意外に気がつかないことがわかった。

SteamVR側ではモーションスムージング機能は使えないと出るが、VIVEシステムソフトウェア上では「動き補償」機能を有効にすることができる

 また、このゲームではCPUフレームタイムが他のゲームより圧倒的に長いことが特徴だが、これはCPUのコア数という訳ではない。タスクマネージャーで調べてみると8C16TのCPUでもゲーム自体は4C程度しか使っていない。CPUのクロック勝負な側面があるようだ。

 さらに、同じ設定・同じハードウェアでも、ライバルカーが密集し観客席なども多く描画されるスタート直後よりも、周辺にライバルカーや建物がない中盤以降のコースの方がフレームタイムが短くなる傾向も見られた。

「Automobilista 2」で検証中のCPU占有率。ゲーム自体の処理(グラフの薄い部分)はそれほど高くなく、グラフィック処理(グラフの濃い部分)だけを担当するコアも結構みられる

RTX 2070 SUPERでレンダリング解像度100%設定にし、コース中盤のライバルカーや建物が少ない箇所でのフレームタイム。スタート直後よりもぐっとフレームタイムが短くなることがわかる

VIVEコントローラーの互換性と高いトラッキング精度は大きな魅力

 以上でVIVE Cosmos Eliteの検証は終了だ。ヘッドセットはCosmosと共通(前面プレートが違うだけ)なので新規性は今ひとつ感じられにくい製品だが、VIVEコントローラーでないと動かないゲームのことを考えると、互換性確保という意味ではこのVIVE Cosmos EliteがVIVE Proの正統後継者といっていい気がする。

 レンダリング解像度100%程度に抑えておけば、RTX 2060もしくはRTX 2070 SUPERがあれば話題のVRゲームも快適に楽しめるだろう。

(提供:HTC)

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

HTC VIVE Facebookページ