このページの本文へ

指の動きをリアルタイムで検知&触覚も再現するVRグローブがアスクから発売

2020年06月05日 17時35分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスクは6月5日、Manus VR社製のグローブ型VRデバイス「Manus Prime II」「Manus Prime II Haptic」の取り扱いを開始すると発表した。発売は7月予定。それぞれの参考価格は、「Manus Prime II」が70万円前後、「Manus Prime II Haptic」が90万円前後。

 Manus Prime IIシリーズは、各種モーションキャプチャーデバイスと組み合わせることで、VR空間で手や指の動きをリアルタイムに読み取れるグローブ型VRデバイス。ロボット工学、モーションキャプチャー、VRアプリケーションなどでの利用が想定されている。

 工業用グレードのフレキシブルセンサーを搭載し、各指ごとに2つの関節の動きをトラッキングできるほか、IMUセンサーによる11DoFでのトラッキングに対応しており、細かな指の動きを読み取れる。

 プラグインを使用することで、ゲームエンジンのUnityやUnreal Engine、3DキャラクターアニメーションソフトウェアのMotionBuilderに統合可能。また、Oculus Rift Sや「Oculus Link」でPC接続したOculus Questに加え、HTC VIVEをはじめとするSteam VR互換ヘッドマウントディスプレーと組み合わせて使用できる。

 バッテリーとセンサーは、取り外すことでグローブの洗濯もできるため、衛生的に使用可能。また、付属の専用アダプターを使用することで、サードパーティー製のトラッカーも取り付けられる。

 最大5時間の連続使用が可能なバッテリーが2つ付属している。指のセンサーは100万回以上の曲げに対応するなど、耐久性も確保されている。

 「Manus Prime II」は汎用的に利用できるコアモデルで、「Manus Prime II Haptic」は、VR空間でオブジェクトやマテリアルを掴んだ際の触覚を再現する、LRA触覚モジュールを搭載したモデルになる。その他の仕様は以下の通り。

グローブ仕様
レイテンシー 5ms以下
センサーサンプリングレート 200Hz
充電 USB Type-C(5V)
重量 約60g
接続方式 USB Type-C有線接続
2.4GHz無線接続(独自プロトコル)
フィンガーセンサータイプ 2DoF フレキシブルセンサー×10、9DoF IMUセンサー×6
姿勢センサーの精度 ±2.5度
グローブ素材 ハイゲージ、抗菌、スポーツポリエステル

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ