このページの本文へ

「VIVE Cosmos Elite」で「Half-Life: Alyx」など注目の最新VRゲームがどれだけ快適に遊べるか徹底検証してみた!

2020年06月02日 11時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトラハッチ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Half-Life: Alyx」だとRTX 2070 SUPER以上が好適か

 続いては今年のVRタイトルの中でも完成度の高さで話題を呼んだ「Half-Life: Alyx」で試してみた。画質はプリセットの“高”とし、ゲームを始めてすぐ到達できる屋外を見渡すシーンでのフレームタイムを計測してみた。

遠景も近景もそこそこ描画されるこのシーンで計測している

●レンダリング解像度=50%の場合

RTX 2080 Tiのフレームタイミング。6〜7msといったところ

RTX 2070 SUPERのフレームタイミング。時々10ms弱まで到達するが、概ね8ms台で収まっている

RTX 2060のフレームタイミング。9ms弱といったところだ

●レンダリング解像度=100%の場合

RTX 2080 Tiのフレームタイミング。8ms台で安定しているが、時々10ms近くまで伸びる

RTX 2070 SUPERのフレームタイミング。RTX 2080 Tiとあまり大差ない感じ

RTX 2060のフレームタイミング。10.6msあたりで変動するので、このGPUとこの設定ではGPUパワーはギリギリといってよい

●レンダリング解像度=150%の場合

RTX 2080 Tiのフレームタイミング。9msに到達するフレームが多くなるが、まだ余裕がある

RTX 2070 SUPERのフレームタイミング。10ms近辺で安定していrが、たまに11msを突破。フレームタイムは最悪でもこの程度にとどめておきたい

RTX 2060のフレームタイミング。11msを大きく突破するフレームが頻発するため、首を振った時に違和感が出てくる

 RTX 2060環境では画質が自動判定で“中”にセットされるため、画質“高”統一で検証するのはかなり厳しめのテストといえるが、RTX 2060ならレンダリング解像度100%でほぼ90fps維持がギリギリできる、といった程度の負荷であることがわかった。RTX 2070 SUPER以上なら、100%設定でも90fps維持は楽といえるだろう。

カテゴリートップへ

HTC VIVE Facebookページ