このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

一家に一台あると便利、家族時間を充実させられる3モデル

Amazonの1万円以下タブレット「Fire HD 8」が性能アップ、キッズモデルは2年無償交換可

2020年05月13日 22時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新しいFire HD 8と純正カバーの組み合わせ。カラーはブルー。

 1万円以下から買え、1年間の子供向けサブスクが無料で、破損した場合も2年は無償交換できるキッズモデル、そしてスマートスピーカーのように使えるShowモードなど、地道な進化を遂げている、Amazonのタブレット。

 アマゾンジャパンは5月13日、新世代の「Fire HD 8 タブレット」を発表した。「Fire HD 8」(9980円から)、「Fire HD 8 Plus」(1万1980円から)、「Fire HD 8 キッズモデル」(1万4980円から)の3機種で、本日から予約受付開始し、6月3日に出荷を開始する。また、6月下旬以降にビックカメラ系列やヤマダ電機など量販店での販売も開始する。

改善要望が多かった、性能やレスポンスを大きく改善

 新世代のFire HD 8はプロセッサーが2GHzのクアッドコアプロセッサーとなり、前世代機に対して最大30%高速化。メモリーも倍の標準32GBに増え、64GBのモデル(+2000円)も用意する。また、8インチのHDディスプレー(解像度1280×800ドット)の明るさは10%アップし、microSDカードは最大1TBの容量をサポートする。Wi-Fiに関しては2.4GHz/5GHz帯の両方に対応したIEEEE 802.11ac対応となり、アンテナも2つに増やして接続性を上げた。

Fire HD 8

 本体サイズは縦202×横137×厚さ9.7mm。長辺を12mm削減した一方で、短辺は9mm拡大した。これは、Alexaを使った音声操作をする「Showモード」を利用しやすくするためで、横置きした際にフロントカメラが上部に来るようにしている。重さは約355gで、従来機より8g軽量化している。

ホワイトモデル

 カラーは従来ブラックのみだったが、今回はホワイトとブルーの2色を追加している。

 オプションとして純正カバーも用意。トワイライトブルー、サンドストーンホワイト、プラム、チャコールブラックの4色が選べ、販売価格は各3480円。縦向きでも横向きでも自立する仕組みで、机の上に置きハンズフリーで使える点もメリットだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン