このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第579回

任天堂キーボードをUSBキーボードに変える「ふぁみべぇアダプター」を衝動買い!

2020年04月30日 12時00分更新

文● T教授 撮影●T教授 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ふぁみべぇアダプターはファミリーベーシック用キーボード (HVC-007) を USB 日本語キーボードに変換するためのアダプターキットだ

 現在、50歳前後以上の人なら1984年に任天堂が発売した「ファミリーベーシック」をご存知の方も多いだろう。発売された1984年というのは、現在のWindowsパソコンのご先祖様に当たるIBM PC/ATが発売された年でもあり、第一次ホビーパソコンの始まりのころとも重なる年だ。

ファミリーベーシックは任天堂が1984年6月に発売したファミコンの周辺機器だ

国際的にはキー配列がちょっと変則的だが、基本的にQWERTYキーボードだ

 ファミリーベーシックキーボードには現在も少なからずファンがいるのか、オークションサイトなどでは数千円前後で頻繁に売買されている。

ふぁみべぇアダプターは、日本のファミコンキーボードをUSB接続のIBM PCキーボード(日本語配列)に変換してくれる

 ファミリーベーシックは、今でもファンの多い任天堂「ファミリーコンピュータ」の周辺機器の1つとして発売され、BASIC言語を組み込んだ少し大きめのROMカートリッジと、ファミコン本体の拡張コネクターに接続するキーボードの2点がセットになっていた商品だ。そして発売された1984年6月当時の価格は1万4800円とけっこうリッチだった。

ビニールのジップケースに入って販売されている

 今回ご紹介するのは、この36年前に発売された「ファミリーベーシック・キーボード」をIBM PCキーボードがベースデザインとなり発展し、現在はWindows PC環境で使われている「USB日本語キーボード」に変換する組み立て式のアダプターだ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン