このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

魅惑の軽スポーツ「ホンダ・S660」で遊ぼう 第8回

ホンダ・S660にフルバケットシートを入れたら快適だった件

2020年04月26日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

筆者のS660

 ホンダの軽スポーツカー「S660」のシートは、セミバケットタイプのシートが標準装備されています。マイナーチェンジ後のモデルでは、それにシートヒーターが標準装備されて快適度が大幅にアップしています。ですが、筆者はあろうことか、取り換えてしまいました。

S660(マイナーチェンジ前)の助手席シート

S660(マイナーチェンジ後)にはシートヒーターが取り付けられる

 筆者は身長185センチという大柄な男性。そのまま座ると、衝撃の度にBピラーに後頭部がヒットします。一般的なクルマでしたら、シートにヒップポイント調整機構があり、それを下げるなどで対応できるのですが、S660にはその機構がありません。ディーラーで購入前に、その件を聞いたところ「身長175cm以上の方がS660に座ると、大抵諦めてしまいます」とのこと。では、なぜ小さいとわかっていながらS660を買ったのか? それは走りが楽しいから。十分すぎる理由ではありませんか。あと大柄な人は、小さいクルマに乗りたがる傾向があるみたい。逆に小柄な方は大きな車に憧れを抱くようです。どうやら「自分にはないもの」を本能的に欲するのでしょう。

S660 Modulo Xに座る美環さん

そのシートには黒いものが……

急遽取材用として購入した低反発クッション

 ちなみに小柄な方は? というわけで、別の取材で美環さんに運転してもらったのですが、身長150cm程度の彼女の場合「もう少し高くしてくれるとうれしいです」とのこと。その時は取材地近くのドン・〇ホーテへ向かい低反発クッションを買って対応しました。どうやらS660を純正シートのままで行けるのは、身長160~175cmの方かもしれません。

 話を戻して……、ヒップポイントを低くすることができないS660。もちろん対策品はあります。最初に考えるのは社外製シートレール交換。これでシート全体を下げる、というものなのですが、既に導入されている方のシートに座ったところ、かなり改善はするものの、残念ながら筆者の体格では下がり切らない。となると、シート交換しかありません。

S660のシート背面すぐにエンジンルームとの隔壁が設けられている

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ