このページの本文へ

エレコム、GIGAスクール構想に最適な4口輪番充電タップなど3製品

2020年04月21日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは4月21日、GIGAスクール構想に最適とうたう4口輪番充電タップ「T-H0303WH」など3製品を発表した。販売開始は5月下旬から順次。

4口輪番充電タップ「T-H0303WH」

 T-H0303WHは、別売の10口タップ「T-H0103」シリーズなどを組み合わせることで、複数のPCやタブレットを4系統に分け、系統ごとに時間をずらして充電できる。4系統同時に充電を開始すると、一般的なACコンセントの容量である1500Wを超えるような場合でも、1系統あたり合計1500W以下に抑えられる。価格はオープン。

10口タップ「T-H0103」シリーズ

 タブレットやPCを生徒1人1台用意すると、多数のコンセントが必要になる。T-H0103シリーズは、10口もの機器の電源を接続。回転パーツを使うことで、タップの転倒を防止したり、壁面に取り付けたりできる。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色。価格は3630円。

保管庫「TB-SBEH42(42台収納)」

 保管庫「TB-SBEH42」は、Chromebookを含む最新のノートPCや13型タブレットなどを充電しながら、保管できるタブレット収納保管庫。3モデルを用意しており、全モデル共通で保管庫本体をアンカーを使って、床面に固定できる金具が付属している。

 「TB-SBEH22(22台収納)」と「TB-SBEH42(42台収納)」は、接触による怪我のリスクを軽減するコーナーガードを搭載し、扉は側面にマグネット固定できる。価格はTB-SBEH22(22台収納)が22万5500円、TB-SBEH42(42台収納)は30万2500円。

 「TG-22E(22台収納)」は、オプションの仕切り板を使うことで44台まで収納でき、扉は側面にマグネット固定可能。別売のT-H0303WHと組み合わせることで、ノートPCやタブレットの充電をまとめて管理できる。価格は18万2600円。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース