このページの本文へ

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」とコラボしたWi-Fi 6無線LANルーターがバッファローから

2020年04月17日 20時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッファローは4月17日、エディオンと共同開発した「シン・エヴァンゲリオン劇場版」とコラボレーションモデルのWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応無線LANルーター「WXR-5950AX12/EVA」を発売することを発表した。価格は4万9800円。

 商品詳細や予約方法などは、エディオン×エヴァンゲリオン特設コラボサイト「家電補完計画」のウェブサイトにて、4月25日に公開予定。本コラボでは、「WXR-5950AX12/EVA」をはじめ、様々なコラボ商品が登場予定になっている。

 「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する組織「特務機関NERV(ネルフ)」をモチーフにした特別モデルになっており、フロントに描かれた大きなNERVマーク、NERVをイメージした「備品ラベル」、アンテナ先端の斜めストライプ柄など、随所にNERV風のデザインがあしらわれている。

 次世代無線LAN規格のWi-Fi 6に対応し、最大通信速度は4803Mbps(5GHz、理論値)で、実行スループットにおいては、同社のWi-Fi 5(IEEE 802.11ax)世代の最上位機種より約3.1倍高速な、約3.7Gbpsを記録したとのこと。

 80MHz/160MHzそれぞれのパフォーマンスを最大化する独自の外付けアンテナ「デュアルスタックダイポールアンテナ」を採用。3軸回転機構を備えており、設置環境に応じてアンテナの配置をカスタマイズ可能で、特定方向の端末へ強力に電波を届けられる。8×8ビームフォーミング対応のスマートフォンなどであれば、距離が離れていてもより安定した通信を提供可能。

 また、10Gbpsの高速回線をフル活用できるよう、WAN/LANそれぞれに10Gbps対応ポートを搭載している。インターフェースは、10GbpsLANポート×1、1GbpsLANポート×3、INTERNETポート×1、USB 3.1(Gen 1)×1。本体サイズは300(W)×75(D)×195(H)mm(アンテナおよび突起部除く)。重量は約1580g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン