前へ 1 2 3 4 次へ

上質なゲーマーは知っている!

GIGABYTEの165Hz対応27型液晶「FI27Q」シリーズはゲーマーの要求をすべて備えたプロ仕様

文●宮崎真一 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 FPSやTPSをプレイするゲーマーを中心に、60Hz以上のリフレッシュレート、いわゆるハイリフレッシュレートに対応した液晶ディスプレーの人気が高い。

 GIGABYTEが発売する「FI27Q」とその上位モデルとなる「FI27Q-P」も同種の製品で、リフレッシュレートは165Hzまで対応する点が大きな特徴だ。では、これら2製品はどのような液晶ディスプレーなのか、その特徴を詳しく紹介していこう。

IPSパネルで応答速度1ms
さらに165Hzのハイリフレッシュレート

 FI27QとFI27Q-Pは、ほとんど同じ仕様であるため、ここではFI27Q-Pを中心に紹介し、差異のある箇所をその都度触れていく。それを踏まえたうえで、まずは外観から見ていこう。

FI27Q-P

 FI27Q-PとFI27Qは、ともに黒一色でゲーミング向けとしてはかなり落ち着いた雰囲気。液晶パネル背面の両サイドとスタンドにRGB LEDが搭載されており、ライティングアプリを用いて「RGB Fusion 2.0」で光り方や色を自由にカスタマイズ可能だ。

液晶背面の両サイドと、スタンドのAORUSロゴと側面にRGB LEDが搭載されている。液晶背面はハヤブサの翼、スタンドは顔をイメージしている

付属アプリケーションのRGB Fusion 2.0。光り方は、点滅するFlashや色が順に変わっていくCOLOR CYCLEなど、消灯も含めると16通り用意されている

 台座はV字型で、若干細めながらも長さはあるので安定感は良好だ。ハヤブサの顔をイメージしたというスタンドは、上下-5~21度のチルト機能、左右-20~20度のスイーベル機能、130mmの高さ調節機能、90度のピボット機能が用意されており、自分の視点に合わせて細かな調整が可能だ。もちろん、スタンドと液晶パネルの固定には、台座を含めてネジは必要としない。

パネルを縦にして使うことも可能だ

 さて、肝心の液晶パネルは、27型の光沢がないノングレアタイプで、解像度は2560×1440ドット(WQHD)まで対応。駆動方式はIPSを採用しており、垂直水平ともに178度という広い視野角を誇る。実測で8.4mmという、薄いフレームデザインも好印象だ。

 特筆すべきは、残像感の指標となるMPRT(Motion Picture Response Time、動画応答時間)で1msという応答速度を実現している点。ゲームをプレイしてみると、素早いカメラ移動でも画面がブレることはなく、非常にシャープな映像になっていると実感する。

両端のフレームは、実測で8.4mmとかなり薄い。複数枚並べて使用する際も、フレームが気になることはないだろう

 コントラス比は1000:1だが、ダイナミックコントラスト比は1200万:1まで上昇。輝度は350cd/m2と比較高めで、実際の画面を見ると、白黒がハッキリし、風景の写真などは比較的に鮮やかな印象だ。

 また、FRC(Frame Rate Control)を利用し色深度は10ビットカラーに対応するほか、デジタル映画撮影のために用意された色空間であるDCI-P3を95%カバーし、赤色や緑色の表現が豊かで、それゆえノングレアタイプだが、動画なども非常に映えて美しい画面を楽しめる。さらに、DisplayHDR 400に対応し、より自然色に近い表現が可能となっている。

パネルの色域が高いほど、表示される色の範囲は広くなる。本製品はDCI-P3を95%カバー。sRGBと比較して、DCI-P3はより多くの赤色と緑色を表示できる

前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月