このページの本文へ

McAfee Blog

新型コロナ対策で外出自粛 気をつけるべきこととは?

2020年04月08日 15時10分更新

文● McAfee

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 皆さんの中には最近、自宅で仕事をされている方が多いことと思います。そして子供たちも、登校できない日々を送っていることでしょう。そして、皆さんの日常生活は超急速に変化しています。昨今重要な「ソーシャルディスタンス」戦略を実施するために整えるべきことがたくさんありますが、手抜きをせず、且つ速やかに決断して自身とオンラインの安全性いずれも脅かされないようにすることが不可欠です。

ソーシャルディスタンスの新時代

 多くの職場はすでに、「曲線を平らにする」ために、「ソーシャルディスタンス」を確保し、自宅から仕事をするようにスタッフに指示しています。オーストラリアの多くの州では、両親に子供を登校させずに家で過ごすという選択肢を与えています。たとえあなた(そして子供たち)がまだ在宅勤務(自宅学習)の状態でない場合でも、私たちが「ソーシャルディスタンス」を保ち、そうなったときに自宅で日常生活をどのように過ごすか、オンラインでの安全をどのように確保するかについて考え始めることは、賢明な時が来ています。その際に考慮すべき点をお伝えします。

1.不確実な中でも冷静に

 不確実性が非常に高いこの時期に不安やストレスを感じるのは、正常なことです。「ソーシャルディスタンス」がウイルスの影響を最小限に抑えるのに役立つことを期待していますが、実際は来月どのようになるか本当にわからない状態です。経験したことがない状況であり、あなた(そしてあなたの家族全員)が不安を感じていることを認めましょう。

2.常に批判的に考え、ニュースを読みすぎない

 パニックやストレスを感じると、合理的に考えることが難しくなる場合があります。ソーシャルメディアのフィードは、人々が大きな関心を寄せているCOVID-19の「奇跡的な治療法」であふれています。誘導されるままにリンクをクリックし、それを「購入する」のは避けたほうが無難です。これらは、あなたの個人情報を抽出するように設計された悪意のあるWebサイトへのリンクであるだけでなく、目にすることでさらに不安を増幅させてしまうのです。代わりに、評判の良い医療機関や専門家にアドバイスを求めてください。現在、オンラインで冷静で批判的な思想家になることは、これまで以上に重要になっています。

 そして、パンデミックについての絶え間ないニュースがあなた(そしてあなたの家族)の気分や見通しに影響を与えているようであれば、少し離れてみましょう。自分のスマートフォンで絶え間ない更新が行われていようとも、1日に1回更新をチェックする程度に制限しましょう。ニュース通知を無効にするのは非常に簡単です。Appleユーザーの場合は、こちらをご参照ください。Androidユーザーの場合は、これらのヒントが役立つ場合があります

3.正しいプラットフォームとソフトウェアを使用していることを確認

 役立つと思われるプログラムのダウンロードを開始する前に、職場または雇用主に許可されたプラットフォームかどうかを確認してください。FacetimeSlack、Zoom、Trelloいずれであれば、あなたが必要なプログラムのほとんどは使用できる可能性が高いでしょう。しかしそうでない場合は、AppStoreやGoogle Playなどの信頼できるソースから、または雇用主によって承認されたサイトからアプリをダウンロードしてください。サードパーティのアプリサイトは絶対に避けてください。悪意のあるソフトウェアを自分で獲得することになってしまう可能性があります。

4.自分自身とデータを保護

 勤務先から提供されたデバイスについて、雇用主がセキュリティソフトウェアと仮想プライベートネットワーク(VPN)をインストールしているかどうかを確認しましょう。そうでない場合、または「自宅」のデバイスを使用して会社の仕事をしている場合、保存されたデータとインターネットを介して共有するデータの両方を確実に保護することが不可欠です。

 セキュリティソフトウェアなしでデバイスを使用することは、玄関のドアを開けたままにするようなものです。いわばだれでも構わず入るように、招待している状態です。したがって、危険なダウンロード、偽のWebサイトへのアクセス、悪意のあるソフトウェアやウイルスからユーザーを保護する包括的なセキュリティソフトウェアソリューションに投資することは、とても重要で迷うべきではありません。VPNは、デバイスとルーターの間に暗号化されたトンネルを効果的に作成することで、デバイスから共有するデータも保護します。これは、サイバー犯罪者を排除する究極の方法です。

5.データのバックアップ

 自宅で作業している場合でも、雇用主に確認して、すべてのデータがバックアップされることを確認してください。彼らがあなたの仕事がバックアップされることを保証できないなら、あなたはあなた自身に信頼できる安全な選択肢を見つける必要があります。私はDropboxファンですが、Googleドライブも優れたツールです。しかし、もう少し堅牢なものが必要な場合は、IDriveまたはIBackUpをチェックしてください。

 また、子供たちのことを忘れずに!子供たちが遠隔教育を受けている場合は、彼らのハードワークもすべてバックアップされていることを確認してください。GoogleドライブまたはDropboxは、学生にとって優れたソリューションです。

6.自宅でのインターネットの使用を管理

 家庭に2人の大人が在宅勤務し、子供たちが遠隔教育を受けている場合、インターネットの速度が低下する可能性があります。例えばオーストラリアの90%以上がNBN(National Broadband Network)を介してインターネットにアクセスしているため、多くの人が需要の急増により大混乱が生じるのではないかと心配しています。NBNの人々は、それがすべてうまくいくことを私たちに保証し続けていますが、インターネットの使用を控える必要があるかもしれません。メールやオンラインミーティングの時間を指定している間に、子供たちに読書や工作などのオフラインの遊びをするように勧めましょう。また、携帯電話を別のインターネットソース用のホットスポットとして利用することも可能です。

7.あなたの背中と首に投資する–いくつかのガジェットを採用

 自宅で自身のワークスペースを確保することは、仕事のこの新しいフェーズにおいてとても重要なことの一つです。在宅勤務を滞りなく遂行するために、これは適切な環境を整備するための理由として十分でしょう。

 私は長年自宅で仕事をしているのですが、大きなモニターと昇降デスクなしでは仕事はできませんでした。私は首を痛めやすいリスクがあるため、昇降デスクとモニターは、痛みを伴わずに作業を続けるため必需品なのです。ラップトップをモニターに接続するだけで、快適に過ごすことができます。しかしキッチンのカウンターで作業することになった日には、首を心配しながら仕事をすることになります。

 これらへの投資は昨今、安価で求められる場合もありそれほど大きなものではありません。これらのアイテムを仕事に使用している場合、これらの購入を税控除として申請できる可能性もあるでしょう。

 2020年が「一生忘れられない年」になることは間違いありません。そして、私たちの大部分はハイリスクのカテゴリーに属していませんが、最も脆弱な人々を保護できるように、私たち全員が少しずつ行動することが不可欠です。自宅で新たな仕事環境(および学習環境)を整備する中で、オンラインで安全であることを確認するためにも時間をかけてください。もちろん、手をしっかり洗うなど衛生面に気を付けることもさらに重要です。

※本ページの内容は2020年3月18日(US時間)更新の以下のMcAfee Blogの内容です。
原文:How to Stay Cyber Safe While Social-Distancing
著者:Cybermum Australia

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィーは大切なものを守ります。


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる