このページの本文へ

Type-CをHDMIに、HDMIをVGAに変換するアダプタケーブル2モデル

2020年04月07日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KC-ALCHDRA20

KM-HD24Vシリーズ

 サンワサプライは4月7日、USB Type-CポートからHDMI映像を出力する変換アダプタケーブル「KC-ALCHDRA20」と、HDMI出力をVGAに変換するアダプタケーブル「KM-HD24Vシリーズ」を発売した。

 KC-ALCHDRA20を使えば、映像出力可能なDisplayPort Altモードに対応したUSB Type-Cポート搭載のノートPC・タブレットなどを、ディスプレーやテレビに接続して、映像と音声を出力できるとのこと。

 4K/60Hzに対応しており、講義やセミナーなどで大画面のテレビやプロジェクターにノートPCの画面を映したい場合に最適としている。HDRにも対応しするため、明るい場所での白飛びや暗い場所での黒つぶれを抑えた精細な映像出力が可能だという。

 そのほか、拡張や複製(ミラーリング)のマルチディスプレーにも対応する。ケーブル長は2mで、価格は7700円。

 KM-HD24Vシリーズは、1920×1080ドット/60Hz(1080p)、1920×1200ドット/60Hz(WUXGA)の解像度に対応し、HDMI端子搭載のパソコンからVGA対応のディスプレーやプロジェクターなどに高画質な映像を出力できるとのこと。

 HDMI出力端子からの電源供給が少ない機器の場合でも、給電用として搭載しているmicroUSBコネクターをパソコンのUSBポートに接続して電源を供給することで、動作を安定させられるとしている。

 ケーブル長は1m(6050円)/2m(6380円)/3m(6820円)の3タイプを用意する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン