このページの本文へ

FOMA版は2022年で終了

NTTドコモ、法人向け「かんたん位置情報サービス」のLTE版を提供

2020年03月30日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは3月30日、LTEに対応した法人向けクラウド型位置情報プラットフォームサービス「かんたん位置情報サービス」を発表。4月1日に提供開始する。

 サーバーや専用端末、地図データ、ユーザーインターフェースなどをパッケージしたクラウド型プラットフォームサービス。位置検索やタイマー通知、エリア通知といった位置情報サービスを展開する上で必要な機能を用意して法人ユーザー提供。ウェブAPI連携機能を活用し、ユーザーのシステムとの連携や用途に合わせた独自のカスタマイズが可能。

 利用用途にあわせ、人の見守りやモノの盗難防止などを想定した検索回数が少ない用途向け「かんたん位置」と、車両の動態管理などを想定した検索回数が多い用途向け「かんたん位置EX」の2種類のサービスを提供。

 専用端末はバッテリータイプとバッテリーレスが用意され、従来のGPSでの測位方法に加えて衛星測位システムのみちびき(QZSS)やGLONASS、BeiDou、Galileoが利用でき、位置測位精度が向上。さらに1分単位であった測位間隔が最短20秒単位(バッテリーレスタイプの場合)も可能となった。

 初期導入費用および運用費などに関してはドコモ法人営業へ問い合わせ。このサービス開始に伴い、従来から提供しているFOMA対応版の「かんたん位置情報サービス」は2022年3月31日に提供終了となる。

 

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン