このページの本文へ

美人すぎる歯科衛生士レースクイーン星野奏の「この車がほっしー」 第4回

新型BMW Z4は男のロマンも女のロマンも詰まったオープンカーだ!

2020年03月28日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●星野 奏(@hoshino_kanade_) 車両協力●BMW Japan

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2シーターオープンでも収納多め
室内も上質

 ゴルフ好きの星野さんにとって収納はとても大事な要素。さっそくラゲージスペースを開けてみましょう。容量は、従来型比5割増しの281リッターで、2人での長期旅行には十分に対応。さらにトランクスルーも用意されているので、長物もOKです。ですが「これ、ゴルフバッグ1個しか入らないかもですね。ゴルフ好きの女の子を隣に乗せて、ゴルフ場までのワインディングロードをオープンで走る、という女のロマンができないじゃないですか!」とご不満な様子。それでも十分な容積に合格点をいただきました。

2人分のスーツケースなら余裕で収納できるラゲッジスペース

 気を取り直してエンジンルームを診察。ボンネットを開けると「なにこれデカっ!」という声が思わず上がるシルキーシックスが姿を現します。「私の車も6気筒ですけれど、こんなに長くないです」と驚く星野さん。それもそのハズの直列6気筒で「これぞ男のロマンですよ」というわれわれに対して「Z4って男のロマンがいっぱいなんですね」とやや呆れ顔。

 男のロマンついでに、N58型3リッター直6直噴ターボについて説明すると、基本的には既存のエンジンですが細部を改良することで、340馬力/5000-6000rpmと500Nm/1600-4500rpmを発生。トランスミッションは低速側ギアをクロスレシオ化した8段ATで、ローンチコントロール機能も装備。0-100km/h加速は4.5秒という俊足です。

BMWといえばシルキーシックス! エンジンフードにはBMWのロゴが輝きます

 座って運転したくて仕方ない星野さん。早速コクピットに乗車して内装をチェック。コニャックカラーのレザーシートに身を委ねながら、ドリンクホルダーをはじめとする収納や各種機能を一通り確認。

スポーツカーゆえ乗降性はちょっと悪いのですが、星野さんが座ると絵になる不思議。※試乗は他の靴に履き替えています

BMW Z4の室内

コクピットの様子

運転席側にQi充電機能を備えたスマホトレイを用意する

 そこで早速、センターディスプレーの下にQi充電のトレイを発見! 「ケーブル接続しないでスマホの充電ができるって便利! これイイ」と早くもお気に入りに登録。「アームレスト下のドリンクホルダーや、シート裏のラゲージスペースとか、細かいところにまで行き届いている感はさすがBMWですね」と満足の様子。

運転席後部にはサブウーファーとブリーフケースが収納できるラゲッジスペースを用意

 さらにメーターパネル内だけでなく、ヘッドアップディスプレーにまでナビが表示されていることを知ると「この間乗ったアウディもですが、目線移動せずにナビが見られるのってホントに便利。もっともっと増えればいいと思います」と太鼓判。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ