このページの本文へ

これ1台で全方位に電波が届き同時接続にも強いから、戸建てにもオススメ

繋ぐだけの簡単設定で速度も速い!アイ・オー・データのトライバンド対応Wi-Fiルーター「WN-TX4266GR」の実力

2020年03月30日 09時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

リビンクに馴染むデザインでとにかく設定が簡単すぎ

アイ・オー・データの「WN-TX4266GR」。一見するとルーターには見えない外観。

 まず外観がルーターらしくないのがポイントだ。ルーターというと、黒くて四角い無機質な「箱」だったり、アンテナがガシガシと立っているイメージがある。ところが本製品はヘアラインデザインの白いボディーで、コネクター部分が見えない底面についており、キレイに配線できる設計になっている。部屋の隅に追いやられがちのルーターも、これならリビングのテレビ台や書棚に置いておきたい製品といえよう。

各種コネクターは底面に備えられていて、配線が隠せるのが特徴。

 そして、性能的な特徴としては流行りのトライバンドに対応しているところ。5GHzは最大1733Mbps×2、2.4GHzは最大800Mbpsで、最大36台同時接続が可能。最大8台と同時通信ができる「MU-MIMO」にも対応しており、対応デバイスなら速度低下を抑えられる仕様になっている。

 さらに、通信相手のデバイス位置をルーターとやりとりすることで、効率よく通信できる電波状態にする「ビームフォーミング」にも対応している。通常この機能はデバイス側でも対応していなければならないが、本製品はデバイス側が対応していなくても、通信状態から最適な電波状態にする「ビームフォーミングW」という機能を搭載。5GHz帯での通信であれば、どんなデバイス機器でも最適な通信環境になる。

 また、電波はアンテナの配置や設計などにより、指向性(一定の方向にしか電波が強くならない)が強くなるケースが多い。ルーターでアンテナがそそり立つタイプは、指向性が強いためアンテナの方向を設定することで、電波の届く偏りを防ぐ意図がある。本製品は、アンテナを本体に内蔵し、電波が360度あらゆる方向に飛ぶように設計・開発。「360コネクト」と称して、見えない電波の方向を気にすることなく家中へ電波が届く仕様になっている。もちろん、電波の出力も強いため、離れた場所でも極力速度が落ちにくい配慮もなされている。

 ほかにも、インターネット回線をIPv6通信(IPoE/IPv4 over IPv6)で利用しているユーザーは、ハードウェアの性能を最大限発揮できるようにデータ処理プログラムをチューニング。より高速な通信を可能にしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン