このページの本文へ

光回線を引かなくても使える、LTEモバイル回線でネット接続できるSIMフリーWi-Fiルーター

2020年02月06日 15時50分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイ・オー・データ機器は、4G/LTEモバイル回線を利用できるWi-Fiルーター「WN-CS300FR」の出荷を、2月下旬より開始する。価格は1万8700円。

 SIMフリーのWi-Fiルーターで、有線LANとWi-Fiでの接続が可能。インターネット光回線を敷設するのが難しい、賃貸住宅や短期開設の事務所、工事現場などでの利用が想定されている。

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのネットワークに対応しており、各社およびそのMVNOのSIMでデータ通信が行なえる。無線帯域は2.4GHz帯のIEEE802.11 b/g/nに対応。性能改善や脆弱性対策などが公開された際、ルーターが自動的に適用してくれるファームウェア自動アップデート機能も搭載している。

 133(W)×133(D)×35(H)mm・重量約210gというコンパクトな筐体なので、小さなスペースにも置きやすくなっている。無線接続台数は推奨16台。有線LANポートはRJ-45ポート1基。モバイル通信のデータ転送速度は、下り最大75Mbps、上り最大50Mbps。製品にはSIMカードは付属しないため、利用には契約済みのmicroSIMカードが必要となる。

 なお、万が一ネットワークにつながらなかった場合、購入代金を返金する「ペイバック保証」に対応しており、土・日曜日の電話サポートも可能な専用窓口も用意されているなど、ネットワーク製品が初めてのユーザーへのサポートも充実している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン