このページの本文へ

ちょっとだけ表示を消したいときなどに便利

手元スイッチで表示をオン/オフできるHDMIケーブル、サンワサプライより

2020年02月28日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンワサプライは2月27日、手元スイッチでディスプレー信号をオン/オフできるHDMIケーブル「500-HD025シリーズ」を発売した。

 コネクタ部にスイッチが付いており、ケーブルの抜き差しをすることなく接続しているディスプレーの表示を停止できる。外部出力中に手軽に表示を消せるためパスワード入力時や隠したい時にも便利という。

 ケーブルは4K/30Hzに対応し、1080pフルスペックハイビジョン信号や3DフルHD(1080p×2画面表示)映像も伝送可能。また、オーディオリターンチャンネル(ARC)、音声信号(マルチチャンネルサラウンド)にも対応している。コネクタシェルとピンには金メッキ処理が施されている。

 ケーブル長5mの「500-HD025-5」が2980円、10mの「500-HD025-10」は4980円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン